文字サイズ

背景色を変える

図書館メニュー

ここから本文です。

  1. ホーム
  2. 調べもの・レファレンス
  3. レファレンスサービス

レファレンスサービス

レファレンスサービスとは?

レファレンスサービスとは、「書名がわからない」、「こんなことを調べたい」、「どんな本を見て調べたらよいか」などの質問を受け付け、資料・情報を探すお手伝いをしたり、調べ方のご案内をしたりするサービスのことです。

レファレンスサービスの受付

相談を受け付ける窓口は各図書館のカウンターです。中央図書館2階の「参考室」、地区図書館の「参考コーナー」には、各種の事典・辞典・年鑑・法規集・統計書等の調べものに役立つ参考資料をそろえています。

どんなことを調べてくれるの?

所蔵調査

お探しの資料が、市内の図書館に所蔵しているか、またはどこの図書館に所蔵されているかを調べます。

資料案内調査

特定のテーマについて、書かれた資料があるかを調査して紹介します。

事実事項調査

特定の事柄・事実について調査のお手伝い、資料の紹介をします。

注意:ただし、次の事柄についてのご相談はお受けできません。

  • 病気の診断や治療について判断を必要とする問題
  • 法律相談
  • 身上相談
  • 個人または社会に悪影響をおよぼすと見られる問題
  • 仮定または将来の予想に属する問題
  • 古書、古文書、美術品等の鑑定
  • 学習課題、懸賞問題および計算問題の解答

レファレンス事例集

小平市立図書館では、皆様から受けたレファレンス事例を、国立国会図書館が運営する「レファレンス協同データベース」へ提供しています(個人が特定されるような事例、プライバシーに関わるような事例は提供しません)。「レファレンス協同データベース」では、全国の公立図書館や大学図書館等がレファレンスの事例を登録・公開しています。

ページトップへ