文字サイズ

背景色を変える

図書館メニュー
  1. ホーム
  2. お知らせ一覧
  3. お知らせ詳細

ここから本文です。

お知らせ

2020年11月12日更新

音訳ボランティアを募集します

 小平市立図書館では音訳ボランティアの皆さんの協力のもと、活字による読書が困難な方のため、文章・図・写真等も含め図書を読み上げて録音する「録音図書」の製作や、相手に希望の資料を直接読んで聞かせる「対面朗読」を行っています。
今回、図書館のハンディキャップサービスのさらなる充実を図ることを目的として、新たに音訳ボランティアを募集します。

 今年度は養成講座として、初級講習を7回、デイジー図書作成のためのパソコン操作研修を1回、中央図書館で受講していただきます。
来年度、さらに中級講習を受講した後、音訳ボランティアとして活動していただくことになります。

【応募資格】
・18歳以上の方で、図書館業務に理解があり、無償で奉仕活動に従事できる方
・音訳や対面朗読に興味がある方
・長期継続して活動ができる方
・パソコン操作ができる方

【受付期間】
令和2年11月18日(水)から令和2年12月10日(木)までに応募用紙を小平市内の図書館に持参(中央図書館に郵送可)してください。
令和2年12月16日(水)の午前10時半から12時まで、応募された方を対象に、音訳ボランティア活動説明会(会場 中央図書館)を実施いたします。

【音訳ボランティア活動内容】
(1)録音図書(デイジー図書)の製作
ボランティアの方のご都合に応じて中央図書館対面朗読室や自宅で録音していただきます。
活動場所:中央図書館(録音環境があれば自宅も可)
(2)対面朗読
毎週日・月・火・水・木・土曜日の、10時から正午、午後1時から3時、午後3時から5時までの1日2時間の中で、利用者が希望する日時に行います。事前に、活動できる曜日・時間帯を申告していただき、利用者の申込後、活動可能日に合わせて中央図書館のハンディキャップサービス担当者からボランティアの方へご連絡いたします。対面朗読は原則2人一組で分担し、利用者のご希望の図書等を音訳していただきます。活動は、新型コロナウィルス感染防止対策を講じた上で実施します。
活動場所:市内全図書館(分室は除く)
(3)定例会の開催
定例会を1~2か月に一度実施し、音訳技術の勉強会や活動報告等を行います。
活動場所:中央図書館

【登録について】
(1)ボランティア活動を希望する方は、小平市立図書館音訳ボランティア登録申込書を提出し、登録していただきます。
(2)長期間従事しない場合は、登録を取り消しすることもあります。

【報酬】
ボランティア活動に対しての報酬、交通費などは支給いたしません。

【その他】
保険については、市民総合災害補償保険で対応いたします。

【お問い合わせ】
小平市立中央図書館 電話 042-345-1246









小平市立図書館音訳ボランティア募集案内

小平市立図書館音訳ボランティア登録申込書

小平市立図書館音訳ボランティア選考テスト・養成講座日程

ページトップへ