文字サイズ

背景色を変える

図書館メニュー
  1. ホーム
  2. 子どものページ
  3. としょかんこどもきょうどしりょう
  4. 27.神奈川県から東京府へ  多摩移管百年うそ?ほんと?クイズ
  • 小平市に関すること
  • 多摩に関すること
  • 江戸・東京に関すること
  • 玉川上水・小金井桜に関すること
  • その他
  • 子どものページへ

ここから本文です。

27. 神奈川県(かながわけん)から東京府(とうきょうふ)多摩(たま)移管(いかん)百年(ひゃくねん)うそ?ほんと?クイズ

問題(もんだい)(へん)多摩(たま)移管(いかん)百年(ひゃくねん)うそ?ほんと?クイズ

三多摩の東京移管百年記念だよ

問題(もんだい)1
三多摩(さんたま)明治(めいじ)5(ねん)1(がつ)29(にち)から、明治(めいじ)29(ねん)3(がつ)31(にち)まで埼玉県(さいたまけん)(ぞく)していた。これ、うそ? ほんと?

問題(もんだい)2
三多摩(さんたま)東京府(とうきょうふ)(うつ)そうというおおもとの理由(りゆう)は、東京(とうきょう)水道(すいどう)問題(もんだい)だった。これ、うそ?ほんと?

おじいちゃんは玉川上水を船が通ったのって見たことあるの? 問題(もんだい)3
明治(めいじ)3(ねん)4(がつ)15(にち)から、玉川上水(たまがわじょうすい)(ふね)による運輸(うんゆ)(はじ)まった。この便利(べんり)なルートは明治(めいじ)のあいだずっと(つづ)いた。これ、うそ? ほんと?

問題(もんだい)4
明治(めいじ)時代(じだい)日本中(にっぽんじゅう)をあばれまわったコレラは、空気(くうき)感染(かんせん)による伝染病(でんせんびょう)だった。これ、うそ? ほんと?

問題(もんだい)5
明治(めいじ)19(ねん)はコレラ大流行(だいりゅうこう)(とし)。この(なつ)利根川(とねがわ)上流(じょうりゅう)で、コレラ患者(かんじゃ)(よご)れものを(せん)たくしちゃった、というニュースが(なが)れ、東京(とうきょう)市民(しみん)はまっ(さお)になった。これ、うそ? ほんと?

問題(もんだい)6
(いま)JR(ジェイアール)中央線(ちゅうおうせん)のもとである川越(かわごえ)鉄道(てつどう)明治(めいじ)22(ねん)4(がつ)新宿(しんじゅく)から立川(たちかわ)まで開通(かいつう)した。これ、うそ? ほんと?

問題(もんだい)7
明治(めいじ)時代(じだい)三多摩(さんたま)自由民権運動(じゆうみんけんうんどう)中心地(ちゅうしんち)だった。この地域(ちいき)東京府(とうきょうふ)(うつ)すことは、神奈川県(かながわけん)にとって自由党(じゆうとう)(ちから)(よわ)めるねらいもあった。これ、うそ? ほんと?

展示の様子
現在(げんざい)この展示(てんじ)はしておりません。

解決(かいけつ)(へん)

こたえは分かった?

こたえ1 うそ
かわりめってのはバタバタするものなんだよ 三多摩(さんたま)神奈川県(かながわけん)だった。時代(じだい)江戸(えど)から明治(めいじ)にうつるとしばらくの(あいだ)は、政治(せいじ)のしくみがかわったり、区域(くいき)()(かた)がかわったり、いろいろめまぐるしかったようだ。その(なか)で、明治(めいじ)5(ねん)1(がつ)29(にち)三多摩(さんたま)神奈川県(かながわけん)(ぞく)することになった。
明治(めいじ)26(ねん)4(がつ)1日に東京府(とうきょうふ)(うつ)されるまでの20(ねん)あまり、三多摩(さんたま)神奈川県(かながわけん)だったんだよ。

こたえ2 ほんと
三多摩(さんたま)東京府(とうきょうふ)(うつ)そうという(はなし)は、東京(とうきょう)(ひと)びとの飲み水の管理問題からおこった。
幕末(ばくまつ)開国(かいこく)以来(いらい)日本(にっぽん)にはいろいろな伝染病(でんせんびょう)上陸(じょうりく)するようになった。わけても、大流行(だいりゅうこう)し、(おお)くの死者(ししゃ)()したコレラの予防(よぼう)(みず)衛生(えいせい)()かせない条件(じょうけん)だ。
ところが水源(すいげん)である多摩川(たまがわ)や、玉川上水(たまがわじょうすい)上流(じょうりゅう)神奈川県(かながわけん)(ぞく)している。だから、問題(もんだい)がおこるたび、東京府(とうきょうふ)はいちいち神奈川県(かながわけん)にかけ()わねばならない。これはわずらわしいことだった。
えっ、ぼくいけなかった? さらに、明治(めいじ)19(ねん)には多摩川(たまがわ)上流(じょうりゅう)につながる(ほり)で、コレラ患者(かんじゃ)(よご)(もの)(せん)たくしちゃった!というニュースは(なが)れるは、明治(めいじ)24(ねん)には、東京府(とうきょうふ)にことわりなく神奈川県(かながわけん)大事(だいじ)水源林(すいげんりん)()許可(きょか)()してしまうは…でさんざんだった。これはどうしても、西(にし)(きた)多摩郡(たまぐん)をこちらに(うつ)して水源(すいげん)流域(りゅういき)直接(ちょくせつ)管理(かんり)しなくっちゃ!と東京府(とうきょうふ)(おも)ったのだった。

こたえ3 うそ
玉川上水(たまがわじょうすい)(ふね)(とお)ったのはわずか2年間(ねんかん)のことだった。
明治(めいじ)3(ねん)4(がつ)15(にち)玉川上水(たまがわじょうすい)(ふね)(とお)して東京(とうきょう)品物(しなもの)(はこ)びたいというまわりの村々(むらむら)からの(ねが)()が、明治(めいじ)政府(せいふ)許可(きょか)された。
くらべないでくれる? そのころ、多摩(たま)品物(しなもの)東京(とうきょう)(はこ)ぶには、(ひと)(うま)背負(せお)ったり、いかだで多摩川(たまがわ)(くだ)ったり、という方法(ほうほう)をとっていた。玉川上水(たまがわじょうすい)利用(りよう)すれば、(ちか)くて便利(べんり)だし、第一(だいいち)(ふね)なら(うま)の25(ばい)もの荷物(にもつ)一度(いちど)(はこ)ぶことができる。
羽村(はむら)四谷(よつや)大木戸(おおきど)(あいだ)通船(つうせん)はあっという間に盛んになった。ところがこのために玉川上水の汚れがひどくなってきた。大切な飲み水を守るため、明治5年4月15日に政府は通船を禁止する命令を出した。人びとはこの後10年もの間、根気強く再開を願い出続けたけれど、もう二度と許されることはなかった。

こたえ4 うそ
コレラは()(みず)()(もの)などによって(くち)からはいったコレラ(きん)原因(げんいん)でかかる病気(びょうき)。お(こめ)のとじ(じる)のような下痢(げり)嘔吐(おうと)()くこと)をくり(かえ)して、からだ(じゅう)水分(すいぶん)がぬけ、ほおっておけば数日(すうじつ)でほとんどの患者(かんじゃ)()んでしまう。
コレラは別名(べつめい)衛生(えいせい)(はは)』ともよばれる。この病気(びょうき)流行(りゅうこう)はみんなに清潔(せいけつ)環境(かんきょう)とか、病気(びょうき)予防(よぼう)とかに()()ませるきっかけとなるからだ。
日本(にっぽん)でも例外(れいがい)にもれず、伝染病(でんせんびょう)予防(よぼう)(かん)する法律(ほうりつ)だの、衛生会(えいせいかい)だのがつくられ、各都市(かくとし)では、より衛生的(えいせいてき)改良(かいりょう)水道(すいどう)()(とい)にかえて鉄製(てつせい)水道管(すいどうかん)使(つか)近代的(きんだいてき)水道(すいどう))を(つく)ろう! という気運(きうん)(たか)まった。

こたえ5 うそ
えっ、何か悪いことした? 利根川(とねがわ)上流(じょうりゅう)ではなくて、多摩川(たまがわ)上流(じょうりゅう)につながる(ほり)で、というニュースが(なが)れた。
明治(めいじ)のコレラ大流行(だいりゅうこう)は10(ねん)、12(ねん)、15(ねん)、18(ねん)、19(ねん)、23(ねん)、28(ねん)、35(ねん)とやって()たが、わけても明治(めいじ)19(ねん)はひどかった。全国(ぜんこく)で15万人以上(まんにんいじょう)(ひと)がコレラにかかり、10万人以上(まんにんいじょう)()んだ。
東京(とうきょう)避病院(ひびょういん)では、あまりに(おお)患者(かんじゃ)()()れきれず、市内(しない)火葬場(かそうば)では徹夜(てつや)死者(ししゃ)()きつづけたが()いつかない、という悲惨(ひさん)なありさまだった。
そういう(とし)の、しかもコレラまっさかりの8(がつ)、とんでもないニュースが(なが)れた。神奈川県(かながわけん)西(にし)多摩郡(たまぐん)長淵村(ながぶちむら)(いま)青梅市(おうめし))で、コレラ患者(かんじゃ)(よご)(もの)多摩川(たまがわ)上流(じょうりゅう)につながる(ほり)(せん)たくしちゃった!というのだ。玉川上水(たまがわじょうすい)上流(じょうりゅう)(あら)った、というウワサも(なが)れた。
多摩川(たまがわ)はみんなの()(みず)玉川上水(たまがわじょうすい)水源(すいげん)だ。それがコレラ(きん)汚染(おせん)していたら…。東京(とうきょう)(ひと)びとはふるえあがった。(あと)ですぐ「(せん)たくの場所(ばしょ)支流(しりゅう)(みず)たまりで本流(ほんりゅう)には関係(かんけい)ない。消毒(しょうどく)もちゃんとした。」と訂正(ていせい)のニュースが(なが)れたけれど、この事件(じけん)東京(とうきょう)(ひと)びとの水道(すいどう)への関心(かんしん)をさらにもりあげたのだった。

こたえ6 うそ
甲武(こうぶ)鉄道(てつどう)(ただ)しい。まず、東京(とうきょう)から羽村(はむら)(とお)って、青梅(おうめ)まで馬車(ばしゃ)鉄道(てつどう)(つく)ろうという計画(けいかく)がたてられた。多摩(たま)産物(さんぶつ)(はこ)ぶためだ。明治(めいじ)16(ねん)から許可(きょか)(ねが)いでたけれど、おりしもあちこちで汽車(きしゃ)鉄道(てつどう)計画(けいかく)がおこりはじめた。そこで明治(めいじ)19(ねん)馬車(ばしゃ)鉄道(てつどう)にかえて、汽車(きしゃ)鉄道(てつどう)(ねが)いを()しなおし、明治(めいじ)21(ねん)1(がつ)21(にち)許可(きょか)がおりた。
工事(こうじ)明治(めいじ)21(ねん)6(がつ)から(はじ)まって、明治(めいじ)22(ねん)4(がつ)11(にち)には、立川(たちかわ)新宿(しんじゅく)(かん)線路(せんろ)完成(かんせい)。その(うえ)(はし)ったのはイギリス(せい)蒸気(じょうき)機関車(きかんしゃ)時速(じそく)は40キロメートル。はじめのころは単線(たんせん)で、立川(たちかわ)新宿(しんじゅく)(あいだ)には「国分寺(こくぶんじ)」「(さかい)」「荻窪(おぎくぼ)」「中野(なかの)」の4(えき)しかなかったけれど、4ヶ月後(げつご)の8(がつ)11(にち)には、さらに八王子(はちおうじ)まで線路(せんろ)がのびた。この甲武(こうぶ)鉄道(てつどう)によって東京(とうきょう)はぐーんと(ちか)くなった。

こたえ7 ほんと
ちょっとむずかしいな… 東京府(とうきょうふ)()しかったのは、水源(すいげん)流域(りゅういき)西(にし)(きた)多摩郡(たまぐん)だった。ところが「三多摩(さんたま)歴史的(れきしてき)なつながりがある。南多摩(みなみたま)()わせて三郡(さんぐん)一緒(いっしょ)にどうぞ。」と神奈川県(かながわけん)からの(もう)()があって、そろって東京府(とうきょうふ)(うつ)ることになった。
三多摩(さんたま)自由民権運動(じゆうみんけんうんどう)中心地(ちゅうしんち)。この地域(ちいき)がそろって東京府(とうきょうふ)(うつ)ったら、神奈川県(かながわけん)自由党(じゆうとう)(ちから)(よわ)まるのは()()えている。
東京(とうきょう)()(みず)問題(もんだい)とはまた(べつ)に、神奈川県(かながわけん)政治(せいじ)問題(もんだい)としても、三多摩(さんたま)東京府(とうきょうふ)への移管(いかん)はとらえられ、賛成派(さんせいは)反対派(はんたいは)()(みだ)れ、もめてしまうのだった。
むずかしかったかな?

おじいちゃんは三多摩が神奈川県だったころをしってるの?

としょかんこどもきょうどしりょう
3 玉川上水(たまがわじょうすい)をしりたい…
6 小平(こだいら)鉄道(てつどう)歴史(れきし)
22 コレラが(まち)にやって()
24 東京(とうきょう)水道(すいどう)
25 東京(とうきょう)のできるまで
このあたりも読んでみてね

小平市に関すること
1.小平市内めぐり 2.小平れきし年表・小平の街道
4.探検!郷土資料室 5.みんなの町のなまえ
6.小平の鉄道の歴史 8.わたしたちの小学校
9.小平はじめて物語 10.戦争と小平
13.小平こだいらの道 14.小平歳時記
15.小平の新田 16.古い地名
19.公園に行こうよ! 26.小平のごちそう うどん
36.ぼくらの町の仕事(1)こだいらの農業 37.ぼくらの町の仕事(2)こだいらの商業
多摩に関すること
12.多摩戦国絵巻 18.多摩の絹の道 シルクロード
20.風雲!新選組 21.楽しい施設ガイド
25.東京のできるまで 27.神奈川県から東京府へ多摩移管百年うそ?ほんと?クイズ
29.多摩の芸能 32.八王子千人同心多摩をゆく
35.多摩の酒造 39.江戸時代の東京 文化文政(1800年代初め)の三多摩編
江戸・東京に関すること
23.幸運招来! 東京七福神めぐり 24.東京の水道
28.江戸をたのしむ 30.わたしのまちの木・花・鳥とシンボルマーク
38.江戸時代の東京 文化文政(1800年代初め)の特別区編 40.花の江戸城 Part1
41.花の江戸城 Part2  
玉川上水・小金井桜に関すること
3.玉川上水をしりたい 7.玉川上水とあそぼう!
17.満開!小金井桜 31.野火止用水をゆけば
その他
11.武蔵武士 22.コレラが町にやって来た
33.これが武蔵国だっ! 34.地震にそなえて

ページトップへ