文字サイズ

背景色を変える

図書館メニュー

ここから本文です。

  • 本をさがす 別ウィンドウで開きます
  • 図書館へ行く
  • 図書館を使う
  • 調べものをする
  • おはなし会
  • おすすめ本
  • よくあるしつ問
  • 保護者・子どもの読書に関わる方へ

おすすめ本

みなさんにすてきな本との出会いを…というねがいをこめて、年れいべつにおすすめの本のリストを作りました。ぜひ読んでみてください。

4~6さい向け

ぐりとぐら

中川 李枝子/さく 大村 百合子/え
福音館書店
森に出かけたのねずみのぐりとぐらは、大きなたまごを見つけます。2ひきはそのたまごでふんわり黄色いカステラをつくります。
その他「ぐりとぐら」のシリーズはたくさんあります。

はらぺこあおむし

エリック=カール/さく もり ひさし/やく
偕成社
あたたかい日曜日の朝、ぽん! とちっぽけなあおむしが生まれました。あおむしはおなかがぺっこぺこ。

こすずめのぼうけん

ルース・エインズワース/作 石井 桃子/訳
堀内 誠一/画
福音館書店
ある日、お母さんすずめからとび方を教わったこすずめ。すをとび出したものの、とちゅうでつかれてしまったこすずめは、色々な鳥のすで休ませてもらおうとしますが・・・。

おさるとぼうしうり

エズフィール・スロボドキーナ/さく・え
まつおか きょうこ/やく
福音館書店
ぼうしうりは頭にぼうしをつみ上げて、ぼうしを売って歩きます。ある日ぼうしうりは大きな木の下でひと休み。ところが目がさめてみると・・・。

めっきらもっきらどおんどん

長谷川 摂子/作 ふりや なな/画
福音館書店
たいくつでやしろまでやって来たかんた。大声でめちゃくちゃな歌を歌うと木のあなから大声が聞こえてきます。かんたがのぞきこんだそのとたん、あなにすいこまれ、へんてこりんな三人組に出会います。

ひとまねこざる

H.A.レイ/文・絵 光吉 夏弥/訳
岩波書店
動物園をぬけだした、しりたがりやのこざるのじょーじ。じょーじは町に出て、いろいろなじけんをおこします。町の人たちもおおさわぎ。かわいいこざるのたのしいぼうけん絵本です。

おおきなかぶ

A.トルストイ/再話 内田 莉莎子/訳
佐藤 忠良/画
福音館書店
おじいさんが植えたかぶが、とても大きなかぶになりました。おばあさん、まご、犬、ねこ、ねずみも手つだって、うんとこしょ、どっこいしょ!

小学1~2年生向け

1ねん1くみの1にち

川島 敏生/写真・文
アリス館
小平第六小学校1ねん1くみの1日がえほんになりました。みんなのクラスの1日とくらべてみましょう!

どろんここぶた

アーノルド・ローベル/作 岸田 衿子/訳
文化出版局
おじさんとおばさんにかわいがられているこぶたは、どろんこが大すき。ところがある日、おばさんがぶた小屋をそうじしてしまいます。おこったこぶたは家出しますが・・・。

歯いしゃのチュー先生

ウィリアム・スタイグ/ぶんとえ
うつみ まお/やく
評論社
うでききの歯いしゃのチュー先生は、大きな動物にとくに人気があります。でもねずみなので、きけんな動物はちりょうできません。ところがある日、きつねがいたむ歯をおさえ、なきながらやってきます。

いちばんでんしゃのしゃしょうさん

たけむら  せんじ/文
おおとも  やすお/絵
福音館書店
中央線にのったことある?この本は、いちばんでんしゃのしゃしょうさんの一日がわかります。どんなお仕事かな?さあ、東京駅までしゅっぱつしんこう!

シップ船長といるかのイットちゃん

かどの えいこ/さく
オームラ トモコ/え
偕成社
たのまれると、いやといえないシップ船長。水族館からぬけ出した、いるかをさがしにいきますが・・・。

おばけのジョージーおおてがら

ロバート・ブライト/作・絵
なかがわ ちひろ/訳
徳間書店
ジョージーは、やねうらに住んでいる、小さなおばけです。
はずかしがりやなので、人をおどかすことなんてできません。でも、ある日どろぼうがやってきて・・・。

小学3~4年生向け

ものぐさトミー

ペーン・デュボア/文・絵
松岡 享子/訳
岩波書店
トミー・ナマケンボは名前どおり、なまけもの。電気じかけの家にすんでいて歯みがき、食事、何でもきかいにしてもらいます。ある夜、あらしがきて電線が切れてしまい・・・。

王さまと九人のきょうだい

君島 久子/訳 赤羽 末吉/絵
岩波書店
子どものいないおじいさんとおばあさんに九人のあかんぼうがうまれます。ちからもち、はらいっぱい、くいしんぼう・・・。顔も体つきも全く同じ兄弟が入れかわりたちかわり大活やく!

新幹線のたび はやぶさ・のぞみ・さくらで日本縦断

コマヤスカン/作
講談社
はるかは青森から、おじいちゃんの住んでいる鹿児島まで新幹線(しんかんせん)だけを乗りついで行きます。さて、鹿児島までは新幹線(しんかんせん)を何回乗りかえるでしょう?!

月へ行きたい(たくさんのふしぎ傑作集)

松岡 徹/文・絵
福音館書店
月まで38万キロの旅、どうやって行こう?
ジェットコースターで3か月、新幹線(しんかんせん)なら55日!どんな乗り物なら行けるかな?

サッカク探偵団 あやかし月夜の宝石どろぼう

藤江 じゅん/作
ヨシタケ シンスケ/絵
株式会社KADOKAWA
小学4年のカケルたちは、ゆうめいじんのパーティーにしょうたいされて、ドキドキわくわく。でも、パーティー会場で二つのダイヤがぬすまれた!じけんかいけつのヒントはサッカク!?きみはこのなぞがとけるかな?

小学5~6年生向け

せいめいのれきし 改訂版

バージニア・リー・バートン/文・絵
いしい ももこ/訳
まなべ まこと/監修
岩波書店
地球がたんじょうしてから今までの46おく年の生命のれきしをげきじょう仕立てでそうだいに物語ります。古生代の生物からわたしたち人間にいたるまでの生命の進化を5まくに分けてしょうかいしています。生命のバトンがどのようにしてわたされてきたのかをみていきましょう。

チビ竜と魔法の実(シノダ!1)

富安 陽子/著 大庭 賢哉/絵
偕成社
パパの名前は信田(しのだ)ハジメ。ママの名前はサキ。3人の子どもたちはユイ、タクミ、モエ。この一家にはだれにも知られてはならない重大なひみつがあります。それは、ママの正体がキツネだということ。ママの親せきの人たちが、実はキツネだということ。そんな信田家に小さな竜(りゅう)がまよいこんできます。

岸辺のヤービ

梨木 香歩/著 小沢 さかえ/画
福音館書店

きしゅく学校のきょうしである“わたし”は、ある日、岸辺(きしべ)でハリネズミのようなふしぎな生き物“ヤービ”と出会います。“わたし”がヤービにミルクキャンディをあげたことから、ヤービは心を開くようになり、かれの一族や友だちのくらし、れきしを話してくれるようになります。

クローディアの秘密

E.L.カニグズバーグ/作 松永 ふみ子/訳 岩波書店
少女クローディアは、弟をさそって家出をします。行く先は、ニューヨークのメトロポリタン美じゅつ館。そこでこっそり生活するうちに、二人はミケランジェロ作とされる天使のぞうにひかれ・・・。

オンボロ屋敷へようこそ(ゆうれい作家はおおいそがし 1)

ケイト・クライス/文
M・サラ・クライス/絵 宮坂 宏美/訳
ほるぷ出版
作家のムッツリーは、夏の間、しずかなところで、新作を書くためにオンボロやしきをかります。ところが、そこには、11さいの少年シーモアと、ネコと、ゆうれいのオリーブが住んでいたのです! 手紙・メモ・新聞・イラストで作られた物語でシリーズ全4かんあります。

目でみる1mmの図鑑

こどもくらぶ/編
東京書籍
「1mm」ときいてみなさんが思いうかべるものはなんですか?じょうぎの目もり?それともマーカーペンの太さでしょうか?小さいと思われる「1mm」ですが、実はそこにもゆたかな世界があります。いろいろなものを「ミリメートル」たんいにまでせまってみる本です。

夏休みおすすめ本

毎年、夏休みにみなさんに読んでもらいたいおもしろい本を夏休みおすすめ本として図書館においています。かしだし・よやくはそれぞれひとり5さつまでになります。ぜひ、近くの図書館にきてください。夏休みおすすめ本は小学1~2年生、3~4年生、5~6年生、中学生向けに分かれています。

夏休みおすすめ本はここからみてね。 新しいウィンドウが開きます。

ページトップへ