文字サイズ

背景色を変える

図書館メニュー

ここから本文です。

  1. ホーム
  2. よくあるお問い合わせ

よくあるお問い合わせ

貸出期間の延長はできますか。

貸出期間内にお申出いただければ、1回に限り、お申出日から2週間延長することができます。ただし、次に予約のある資料・貸出期間を過ぎている資料の延長はできません 。
また、市外の図書館などから取り寄せた資料に関しては、延長できない場合がありますので図書館にお問合せください。
延長手続きは図書館ホームページ・OPAC(利用者端末)・カウンター・電話(開館時間のみ)でできます。

  • 図書館ホームページ・OPACから行う場合は、パスワードの登録が必要です。
  • 他に長期延滞資料がある場合は、延長をすることができません。

予約確保の連絡が来ましたが、期限までにどうしても行くことができません。
家族が代わりに受け取ることはできますか。

ご家族が、予約した方の利用カードをお持ちいただければ貸出することができます。

図書館の閉館後や休館日に資料を返すことはできますか。

各図書館の入口付近にブックポスト(返却用のポスト)がありますので、そちらにご返却ください。
ただし、以下の資料は、開館時にカウンターの職員に手渡しでご返却ください。

  • CD・カセットテープなどの視聴覚資料(壊れやすいため。)
  • 市外の図書館から取り寄せた資料(他の市の協力で貸出しているものについては、特に慎重に取り扱う必要があるため。)
  • 大型絵本(ブックポストに入らないため。)
  • 花小金井北分室は、花小金井北公民館の閉館時は返却できません。

借りた資料は借りた図書館に返さなくてはいけませんか。

小平市の資料であれば、市内のどの図書館・分室にでも、返却していただけます。
市外の図書館などから取り寄せた資料については、借りた図書館のカウンターの職員に手渡しでお返しください。

返却期限日までに返却できませんでしたが、利用することはできますか。

長期の延滞の場合は、その資料を返却するまで貸出・予約・延長の手続きができません。 返却期限を守ってご利用ください。

借りた資料を破損してしまったり、紛失してしまったりした場合はどうすればよいですか。

破いて(汚して・濡らして)しまったり、紛失してしまったりした時点で、図書館へお申出ください。
軽度の破損の場合は、図書館で修理をしますので、ご自分で直すことはせず、そのままお近くの図書館までお持ちください。次の利用が難しいほどの破損、汚損、水濡れの場合は、弁償していただくことになります。図書館にご来館の上、ご相談ください。
紛失してしまった場合は、原則弁償していただくことになります。
また、借りた時点で、既に破れている箇所があった場合は、返却時に職員にその旨お伝えください。

ページトップへ