位置情報

  1. 現在地
  2. ホーム
  3. 利用案内
  4. 過去のお知らせ・行事案内一覧(平成17年度)
  • 蔵書検索
  • 新着案内
  • 予約ランキング
  • 図書館利用分担収集
  • 図書アラカルト
  • 雑誌目録
  • 新聞目録
  • 図書館カレンダー
  •  利用者メニュー
  •  各館案内
  • 中央図書館
  • 仲町図書館
  • 花小金井図書館
  • 小川西町図書館
  • 喜平図書館
  • 上宿図書館
  • 津田図書館
  • 大沼図書館
  • 花小金井北分室
  • 小川分室
  • 上水南分室

利用案内

図書館からのお知らせ・行事案内

過去のお知らせ・行事案内一覧

平成17年度

昔話連続講座

昔話連続講座『遠野物語』の世界

柳田国男は、一世紀近く前、岩手県遠野の人佐々木喜善から聞いた話を まとめて、『遠野物語』を発刊しました。この作品は、後に日本民俗学誕生の 記念碑として有名になりました。そして、今、遠野は、『遠野物語』をもとに 「民話のふるさと」の地域づくりを進めています。
今回は、『遠野物語』とその周辺の世界について、ビデオなどを使って お話していただきます。

【月日】 第一回 平成18年2月19日(日曜) 『遠野物語』と小盆地宇宙
  (注)この日のみ日曜日開催
第二回 平成18年3月1日(水曜)  明治の怪談と『遠野物語』
第三回 平成18年3月8日(水曜)  『遠野物語』と語り部の民話
【時間】 各回午前10時~正午 
【ところ】 小平市中央図書館 3階視聴覚室
【費用】 無料
【対象】 成人
【定員】 80人
【保育】 3月1日(水曜)・3月8日(水曜)のみ9人あります。
(市内在住の6ヵ月児から学齢前まで)
【主催】 小平市教育委員会・小平市子ども文庫連絡協議会
【申込み】 平成18年2月6日(月曜)午前10時から 問合せ先へ
(電話可、先着順)
(注)保育は、2月8日(水曜)の午後7時で締め切り、申込み多数の場合は抽選し、結果を全員にお知らせします。
【問合せ】 小平市中央図書館
(電話:042-345-1246)
講師プロフィール 石井 正己(いしい まさみ)先生
東京学芸大学教授・遠野市立博物館図書館長。国文学・民俗学を専攻。
『遠野物語』関係の著書は、『図説遠野物語の世界』(河出書房新社)、『遠野物語の誕生』(ちくま文芸文庫)、『遠野の民話と語り部』『柳田国男と 遠野物語』『物語の世界へ』(三弥井書店)、『遠野物語辞典』(岩田書院)など。

このページの先頭へ

平成17年度ブックリサイクルのお知らせ

図書館資料(除籍済)無料配布

保存期限の過ぎた雑誌、不用となった図書館資料(一般書・文学書)を無料で、利用者の方に一人10冊まで配布します。(袋の持参をお願いします。)
(注)当日は、お車でのご来場はご遠慮ください。

日程
開催日時 資料区分 開催場所
10月22日土曜日
午前10時~午後5時
一般書・文学書 市内8図書館リサイクルコーナー
18年1月21日土曜日
午前10時~午後5時
雑誌 中央公民館ギャラリー
地区図書館リサイクルコーナー
2月18日土曜日
午前10時~午後5時
一般書・文学書 中央公民館ギャラリー
目的
この事業は、図書館が所蔵する資料を絶えず更新し、利用者に対して新鮮な資料を提供できるように書架のスペースを確保し、また、リサイクルという時代の要請に応え、図書を図書として再活用することにより、生涯学習に寄与するとともに資源の有効活用を図ることを目的としています。

問い合わせ先 小平市中央図書館  電話:042-345-1246

このページの先頭へ

図書館児童文学講演会

図書館児童文学講演会絵本「ムルンとサルタイ」ーモンゴル草原のうたが聞こえるー

「あいうえおうさま」や「ぼくは王さま」シリーズのさし絵でおなじみの絵本作家、
和歌山静子さんにお話をうかがいます。和歌山さんはモンゴルの草原に生きる子どもたちを、
宇田祥子さん(元小平市内小学校教諭)と一緒に「ムルンとサルタイ」という絵本にされています。 モンゴルの魅力や取材のエピソードなどを宇田さんにも登壇していただきお話していただきます。
どうぞお楽しみに・・・。

【とき】 平成18年2月5日(日曜) 午後2時~4時
【ところ】 小平市中央図書館 3階視聴覚室
【費用】 無料
【定員】 80人
【講師】 和歌山静子さん(絵本作家)
 宇田 祥子さん(モンゴル国立教育大学日本語講師)
【主催】 小平市教育委員会
小平市子ども文庫連絡協議会
【申込み】 1月21日(土曜)午前10時から問合せ先へ
(注)今回保育はありません。
【問合せ】 小平市中央図書館 電話:042-345-1246

講師プロフィール

 
和歌山 静子(わかやま しずこ)さん
1940年京都に生まれる。1992年に中国、95年にモンゴルを訪れる。
旅は主に中国を中心に東南アジア・アフリカなど。
2002年に初めて中国を舞台にした絵本『よあけまで』曹文軒・作を出版。2003年に『ムルンとサルタイ』の取材のため、モンゴルを再訪。
作品に『あいうえおうさま』〈絵本にっぽん賞〉「王さま」シリーズともに理論社など多数。
日本児童出版美術家連盟会員。日中児童文学美術交流センター理事。
宇田 祥子(うだ さちこ)さん
1942年鳥取県に生まれる。東京都内で26年間小学校教師を勤める。 「スーホの白い馬」の授業を通してモンゴルに魅せられ、たびたび訪れる。 1994年よりモンゴルで日本語を教える。2005年モンゴル国文部科学省より、教育功労賞を受賞。 現在はモンゴル国立教育大学日本語講師のかたわら、モンゴルの昔話の採集を続けている。 地域では、「ストーリーテリング」などを中心に、子どもと本を結ぶ活動をおこなっている。 (社)日本モンゴル協会理事。

2階、展示コーナーにて『絵本原画展』を開催中です。
今回、1冊の絵本『ムルンとサルタイ』の原画をすべて展示します。

【展示タイトル】 「和歌山静子原画展絵本『ムルンとサルタイ』モンゴル草原のうたが聞こえる」
【主催】 小平市教育委員会
【開催期間】 (注)期間中、一部展示換えをいたします。
第一期 平成18年1月21日(土曜)~2月7日(火曜)
第二期 平成18年2月8日(水曜)~15日(水曜)
【場所】 <小平市中央図書館 2階 展示コーナー/td>
【問合せ】 小平市中央図書館 (電話:042-345-1246)

このページの先頭へ

   

図書館児童文学講演会

          
図書館児童文学講演会「科学読みものの楽しさ」

科学読みものの楽しさを、科学実験をまじえてお話ししていただきます。

【とき】 平成18年1月28日(土曜)午後1時30分~4時
【ところ】 小平市立小川西町公民館ホール
(注)車でのご来場はご遠慮下さい。
【費用】 無料
【対象】 市民
【定員】 50名
【講師】 塚原 博(つかはら ひろし)さん(実践女子大学助教授)
【申込み】 平成18年1月7日(土曜) 午前10時から
問合せ先へ(電話可、先着順)
【問合せ】  小川西町図書館
(電話:042-343-1200)

このページの先頭へ

2006年ふるさとの新聞元旦号展 新年の香りを各地から

全国各地の1月1日発行の主要地方新聞を集めた26回目の「ふるさとの新聞元旦号展」を開催します。地方色あふれる紙面から、ふるさとの香りと新年を迎える各地方の表情をお楽しみください。
地方新聞社が出版している郷土色豊かな図書もあわせて展示します。

【とき】 中央図書館
平成18年1月7日(土曜)~1月18日(水曜)
(注)1月13日(金曜)は休館日です。
大沼図書館 平成18年1月21日(土曜)~1月26日(木曜)
【問合せ】 中央図書館 電話:042-345-1246
大沼図書館 電話:042-342-2001
新聞の一覧
展示している新聞をご紹介します。これらの新聞は、各新聞社のご好意により寄贈していただいているものです。
まだ図書館に届いていない新聞もありますが、届きしだい展示いたします。
<都道府県紙>
地方 都道府県 新聞タイトル
 北海道   北海道   北海道新聞
  釧路新聞
 十勝毎日新聞
 苫小牧民報
  室蘭民報
  東北    青森  デーリー東北
  東奥日報
  陸奥新報
  岩手   岩手日日
  岩手日報
  宮城   河北新報
  秋田   秋田魁新報
  北羽新報
  山形   荘内日報
  山形新聞
  福島   福島民報
  福島民友
  関東   茨城   茨城新聞
  常陽新聞
  栃木   下野新聞
  群馬   上毛新聞
  埼玉   埼玉新聞
  千葉   千葉日報
  神奈川   神奈川新聞
 甲信越   山梨   山梨日日新聞
  新潟   新潟日報 
  長野    信濃毎日新聞
  長野日報
  北陸    石川   北陸中日新聞
  北国新聞
  富山   北日本新聞
  富山新聞
  福井    日刊県民福井
  福井新聞
  東海    愛知    中日新聞
  名古屋タイムス
  東愛知新聞
  中部経済新聞
  岐阜   岐阜新聞
  静岡   静岡新聞
  三重   伊勢新聞
  近畿   京都   京都新聞
  大阪   大阪日日新聞
  兵庫   神戸新聞
  奈良   奈良新聞
  和歌山   紀伊民報
  中国   鳥取   日本海新聞
  島根   山陰中央新報
  岡山    岡山日日新聞
  山陽新聞  
  広島    中国新聞
  山口   山口新聞
  四国   徳島   徳島新聞
  香川   四国新聞
  愛媛   愛媛新聞
  高知   高知新聞
  九州    福岡   西日本新聞
  佐賀   佐賀新聞
  長崎   長崎新聞
  熊本   熊本日日新聞
  大分   大分合同新聞
  宮崎   宮崎日日新聞
  鹿児島   南海日日新聞
  南日本新聞
  沖縄   沖縄   沖縄タイムス
  琉球新報

このページの先頭へ

としょかん ちょっとおおきな おはなし会

いつものおはなし会とはちょっぴりちがう、
ちょっと大きなおはなし会をします。
おともだちといっしょにあそびにきてね。

(注)つだとしょかんは、いつものおはなし会のじかんとちがっています。気をつけてきてください。また、つだとしょかん、おおぬまとしょかんとしょかんは、一回だけのおはなし会なので、 しょうがくせいのみなさんも3じにきてください。

ばしょ 日にち じかん でんわばんごう
4さい~1ねんせい しょうがくせい
ちゅうおうとしょかん 12がつ20にち(火ようび) 3じから 4じから 042-345-1246
なかまちとしょかん 12がつ14にち(水ようび) 042-344-7151
はなこがねいとしょかん 12がつ21にち(水ようび) 0424-67-1215
おがわにしまちとしょかん 12がつ22にち(木ようび) 042-343-1200
きへいとしょかん 12がつ22にち(木ようび) 042-325-1300
かみじゅくとしょかん 12がつ14にち(水ようび) 042-344-3360
つだとしょかん 12がつ21にち(水ようび) 3じ30ぷんから 042-341-1245
おおぬまとしょかん 12がつ22にち(木ようび) 3じから 042-342-2001

このページの先頭へ

図書館福祉講演会

図書館福祉講演会 高齢者も楽しい 車椅子でできる健康体操とレクリエーション

日ごろから身体を活発に動かし、健康な体を取り戻しましょう。
(手話通訳あり)

【とき】 平成17年11月27日(日曜)
午後1時30分~3時30分
【ところ】 こだいら市立小川西町公民館ホール
【対象】 成人
【定員】 50人
【講師】 原田 律子さん(日本福祉教育専門学校教員)
【持ち物】 タオル1枚
【申込み】 平成17年11月21(月曜)午前10時から
小川西町図書館へ(電話可、先着順)
【問合せ】 小川西町図書館
(電話:042-343-1200)

このページの先頭へ

図書館30周年記念事業

図書館30周年記念事業 図書館しゃべり場

谷中・根津・千駄木の魅力を伝える文化誌「谷根千」の編集人、そして『鴎外の坂』『かしこ一葉』の著作などで幅広く活躍されている森まゆみさん。 雑誌創刊のいきさつや、また同時に続けてこられた文化財保護との関わりなどを、
日々の暮らしや地域のことなども含めてお話いただきます。

【とき】 平成17年11月19日(土曜)
午後2時~4時
【ところ】 小平市中央図書館 3階視聴覚室
【費用】 無料
【対象】 成人
【定員】 80人
【講師】  森まゆみさん(地域雑誌編集人、作家)
【主催】 小平市教育委員会
【申込み】 平成17年11月6日(日曜)午前10時から
問合せ先へ(電話可)
【問合せ】 小平市中央図書館
電話:042-345-1246

このページの先頭へ

図書館30周年記念事業 地域の魅力ー暮らす町でみつけたもの、大切にしたいもの

小平市立図書館は、昭和50年5月に開館以来、この平成17年度で30周年を迎えることになりました。
図書館ではこれを記念して、これまでの30年を振り返り、これからの小平市立図書館のあり方を考える様々な事業を実施いたします。
ぜひおいでください。

1.記念講演会「地域の魅力ー暮らす町でみつけたもの、大切にしたいものー」
とき 11月19日(土曜) 午後2時~4時
ところ 小平市中央図書館 3階視聴覚室
講師 森 まゆみさん(作家、地域雑誌編集人)
   
2.図書館しゃべり場「図書館は 夢と知識の 宝島」
本の魅力、読書の意義、図書館の役割を考える
とき 11月27日(日曜) 午後1時30分~4時30分
ところ 小平市中央図書館 3階視聴覚室
助言者 竹内 悊さん(前日本図書館協会理事長)
発言者 利用者の方、図書館に関わってこられた方
コーディネーター 中央図書館長
3.30年のあゆみ展・写真展
開館30周年を記念して、図書館の30周年を振り返りその歴史をわかりやすく展示・紹介します。各図書館のコーナーや児童コーナー、子ども文庫の コーナーがあり、それぞれが趣向をこらした演出で、皆さんをお待ちしています。
期間 11月19日(土曜)~11月30日(水曜)
ところ 中央図書館 2階展示室
内容 30年のあゆみ
児童奉仕
特別展示「郷土写真ー飯山達雄写真展」
布の絵本
4.おたのしみタイム
とき 11月20日(日曜)・23日(水曜)・30日(水曜) 午後3時~
11月26日(土曜) 午前11時~
ところ 中央図書館 2階児童展示室
内容 大型絵本、パネルシアターなど
5.中学生・高校生向きおはなし会
とき 11月26日(土曜) 午後3時~
ところ 中央図書館 2階おはなし室
対象 中学生・高校生
6.特別展「郷土写真ー飯山達雄写真展示」
期間 11月19日(土曜)~12月14日(水曜)
ところ 中央図書館 2階展示ギャラリー

このページの先頭へ

児童文学講演会

図書館30周年記念事業 図書館は 夢と知識の 宝島

絵本の世界のファンタジーについて、いくつかの作品をとりあげてわかりやすくお話していただきます。

【とき】 平成17年11月1日(火曜)
午前10時~12時
【ところ】 小平市立大沼図書館 ホール
【費用】 無料
【定員】 50名
(注)保育9人あります。
(市内在住の6ヵ月児から学齢前まで)
【講師】 藤本朝巳(ふじもと ともみ)さん
フェリス女子学院大学教授
【主催】 小平市教育委員会
小平市子ども文庫連絡協議会
【申込み】  平成17年10月22日(土曜)の午前10時から
問合せ先へ(電話可、先着順)
(注)保育については、申込み多数の場合、10月24日(月曜)の午後5時に締め切り、抽選結果を全員に連絡します。
【問合せ】  大沼図書館
(電話:042-342-2001)
<講師プロフィール   藤本 朝巳(ふじもと ともみ)さん>
   
フェリス女学院大学文学部教授。日本イギリス児童文学会理事。
JBBY(日本国際児童図書評議会)理事、絵本学会、日本児童文学学会、日本口承文藝学会等会員。
著書
『絵本はいかに描かれるかー表現の秘密』、『昔話と昔話絵本の世界』(日本児童文学学会奨励賞受賞、以上、日本エディタースクール出版部)『子どもに伝えたい昔話と絵本』(平凡社)、『ぞうくんはどっちを向いているー楽しい絵本学』(フェリス女学院大学)
共著
『英米児童文学史』(ミネルヴァ書房)、『昔話入門』(ぎょうせい)
共訳
『子どもはどのように絵本を読むのか』(柏書房)
翻訳
『七ひきのねずみ』『ロンポポ』(以上、古今社)『こびととくつや』『どうぶつえん』『トッケビのこんぼう』『漁師とおかみさん』『おんぶはこりごり』(以上、平凡社)『シェイプ・ゲーム』(評論社)など多数。

このページの先頭へ

図書館児童文学講演会「絵本の世界のファンタジー」

小平市内の図書館では、毎月定例の日をきめておはなし会をしています。
ふだん子どもたちが楽しんでいる昔話や創作のおはなしを、どうぞこの機会におたのしみください。

【とき】  平成17年10月26日(水曜)
午前10時から正午まで
【ところ】 小平市立津田図書館 おはなし室
【プログラム】 文福茶釜(日本の昔話)、きつねとおおかみ(日本の昔話)、鶴女房(日本の昔話)、王子さまの耳はろばの耳(ポルトガルの民話)、はちの女王(グリムの昔話)、三枚の鳥の羽(グリムの昔話)
(注)都合によりプログラムは変更になることがあります。
【対象】 成人
【定員】 30人(電話可、先着順)
(注)お子さんを連れての参加はご遠慮下さい。
【保育】 9人あります。(市内在住の6ヵ月児から学齢前まで)
◎保育は、申込み多数の場合には、10月3日(月曜)午後5時に締め切り、抽選結果を全員に連絡します。なお4日(火曜)以降でも定員に達しない場合は、先着順に受け付け、定員に達し次第締め切ります。
【申込み】 平成17年10月2日(日曜)午前10時から、津田図書館へ
【主催】 小平市教育委員会
小平市子ども文庫連絡協議会
【問合せ】 小平市立津田図書館(電話:042-341-1245)

このページの先頭へ

大人のためのおはなし会

小平市内の図書館では、毎月定例の日をきめておはなし会をしています。
ふだん子どもたちが楽しんでいる昔話や創作のおはなしを、どうぞこの機会におたのしみください。

【とき】 平成17年10月26日(水曜)
午前10時から正午まで
【ところ】 小平市立津田図書館 おはなし室
【プログラム】  文福茶釜(日本の昔話)、きつねとおおかみ(日本の昔話)、鶴女房(日本の昔話)、王子さまの耳はろばの耳(ポルトガルの民話)、はちの女王(グリムの昔話)、三枚の鳥の羽(グリムの昔話)
(注)都合によりプログラムは変更になることがあります。
【対象】 成人
【定員】 30人(電話可、先着順)
(注)お子さんを連れての参加はご遠慮下さい。
【保育】 9人あります。(市内在住の6ヵ月児から学齢前まで)
◎保育は、申込み多数の場合には、10月3日(月曜)午後5時に締め切り抽選結果を全員に連絡します。なお4日(火曜)以降でも定員に達しない、場合は、先着順に受け付け、定員に達し次第締め切ります。
【申込み】 平成17年10月2日(日曜)午前10時から、津田図書館へ
【主催】 小平市教育委員会
小平市子ども文庫連絡協議会
【問合せ】 小平市立津田図書館(電話:042-341-1245)

このページの先頭へ

子ども文庫 児童文庫講演会

子ども文庫児童文学講演会「絵本から物語の世界へ」

年齢が大きくなるにしたがって、本から離れてしまう子どもがいます。
絵本から物語の世界へ移る時期に最初の壁があるようです。
そこで子ども文庫連絡協議会では「絵本から物語の世界へー子守唄をきくよろこびから童謡をうたう楽しさをー」と題して、山花郁子さんの講演会を企画しました。山花さんは絵本をよむことは子守唄をきくことに、物語の世界は童謡をうたう楽しさに通じるものがあるとおっしゃっています。長年子どもの読書への動機付け指導に携わっていらした経験から、子どもが物語の世界へ羽ばたく時期にふさわしい本の紹介やアドバイスなどをしていただきます。
どうぞお楽しみに。

問合せ先へ
【とき】 平成17年10月13日(木曜)
午前10時~12時
【ところ】 小平市中央図書館 3階視聴覚室
【定員】 60名
【費用】 無料
【主催】 小平市教育委員会
小平市子ども文庫連絡協議会
【申込み】  平成17年9月20日(火曜)から
9月30日(金曜)まで
【保育】 あり 9人
対象:1歳~未就園児
保育の申込みは、9月25日(日曜)までに
【問合せ】 杉本(電話:042-344-6131)
内田(電話:042-324-7212)
(注)夜7時~10時にお願いします。
<講師プロフィール  山花郁子(やまはな いくこ)さん>
東京生まれ。実践女子大学文学部卒業。調布市図書館司書、公民館長、 教育委員をつとめる。平成15年子どもの読書活動優秀実践者として文部 科学大臣賞を受賞。 現在は司書、司書教諭の専門分野を生かして、公共図書館、公民館、小・中 学校の読書活動の推進に力を入れている。武蔵野市における”小学三年生 向けの読書の動機づけ指導”にも携わっている。また子どもと本との出合いを 通して絵本や物語等の創作もしているが、近頃は老人施設をテーマにした作 品も発表
著書に
「ブックトークのすすめ」 国土社
「わたしのブックトークー子どもの本の読書案内ー」 岩崎書店
「子どもと女と本の世界」 新読書社
「大好きなおばけちゃんーいくこさんの老々介護ー」 日本評論社
「お年寄りと絵本でちょっといい時間」 一声社
「子育てをつづる楽しみ」 エーデル研究社
児童文学作品に
「いちわのにわとり」 かど創房
「おじいちゃんのめだまやき」 文研出版
「12歳ぼくの行動計画」 小峰書店
「ほしぐみのまじょせんせい」 佑学社
「みどりの風のように」 岩崎書店
「わかれ道おもで道ー本所業平橋ー」 岩崎書店
「おへそのまわりがあったかい」 草炎社
「のはらののはらちゃん」 けやき書房
「あいうえおひさまようちえん」 校正出版社
「のはらうさぎでございます」 校正出版社
「くれよんおばけ」 小峰書店

このページの先頭へ

図書館30周年記念事業

図書館30周年記念 夏休み連続おはなし会・絵本のへや

 ろうそくに火がつくと、そこはもう不思議な世界・・・。 子どもたちをおはなしの世界へといざなう「おはなし会」を3日連続で行います。
午前中は、親子で参加できる「絵本のへや」も開催します。
多くのみなさんの参加をお待ちしています。

【日程】 平成17年8月23日(火曜)~25日(木曜)
詳細は別表のとおり
【ところ】 小平市中央図書館
【対象】  絵本のへや・・・3歳までの幼児と保護者
おはなし会・・・4歳~小学生
【主催】 小平市教育委員会
小平市子ども文庫連絡協議会
【申込み】  当日、会場へ
【問合せ】 中央図書館 (電話:042-345-1246)
絵本のへや  おはなし会 
日時 午前11時~11時30分  午後3時~3時30分
8月23日(火曜) 絵本の読み聞かせ こわいおはなし
8月24日(水曜) ふしぎなおはなし
8月25日(木曜) おもしろいおはなし

このページの先頭へ

夏休み子ども科学講演会 きりおこしペーパークラフト教室

ペーパークラフトの技法は、一般では「切り起こし」「掘り起こし」 などと呼ばれています。一枚の紙を切り起こして、その上に何か立体を作る、ただし絶対に切り離してはならず、外から付け加えることもしてはならない、という条件のついた技法です。
今回の講演会は、ペーパークラフトの第一人者である黒須和清 さんを講師として迎え、親子で楽しみながら作るペーパークラフト教室を開催いたします。

講師 黒須 和清(くろす かずきよ さん)

【とき】 平成17年8月27日(土曜)午後1時30分~3時30分
【ところ】 小平市喜平図書館 2階集会室 (小平市喜平町3-3-18)
【対象】 小学生(3年生~6年生)の親子 (注)保護者同伴となります。
【定員】 40名(先着順)
【費用】 材料費として300円を、講演会当日にいただきます。
【申込み】 平成17年8月6日(土曜)午前10時から
喜平図書館へ(電話可、先着順)
【問合せ】 喜平図書館(電話:042-325-1300)
【主催】 小平市教育委員会
小平市子ども文庫連絡協議会

【講師プロフィール】

黒須 和清 (くろす かずきよ)
1955年東京生まれ。東京教育大学教育学部芸術学科構成専攻卒業。 切り起こしの技法をはじめとするペーパークラフトの作品製作や手づくりおもちゃ、カードの作家として各地で研修会やワークショップを展開。
また、身の回りのものを使った人形劇をつくる「劇団まねっこ」の団長としても各地で講演、公演を行っている。
1993年第3回紙わざ大賞受賞。2002年「TVチャンピオン」新ペーパークラフト王選手権準優勝。
現在、BS日本テレビ「それいけアンパンマンくらぶ」に工作の先生として出演中。
2004年春より聖心女子専門学校保育科、洗足学園短期大学幼児教育科の非常勤講師でもある。
主な著作
「2.5次元のペーパークラフト」 創和出版
「最新リサイクル工作図鑑」 東京書籍
「2.5次元をあそぶきりおこしペーパークラフト」 雄鶏社
その他多数

このページの先頭へ

夏休み図書館体験ボランティア

小学校5・6年生、中学生、高校生そして大学生のみなさん、今年の夏、参加してみませんか!

◎まず、入門講座に出席です。2回のうち都合の良い日に来てください。
1.平成17年7月20日(水曜)午後2時30分~4時30分
2.平成17年7月24日(日曜)午後2時30分~4時30分
◎そして、実際の体験活動に入ります。6回ありますが、できるだけ参加してください。
時間は午前9時から12時までです。もちろん休み時間もあります。絵本を分類順に本棚に戻したり、おはなし会のおてつだいやおみやげづくりなどをしてもらいます。カウンターでの貸出しなどは予定にありません。おもに裏方の仕事です。
1.7月28日(木曜)2.30日(土曜)
3.8月4日(木曜)4.7日(日曜)5.21日(日曜)6.25日(木曜)
◎体験するところ
小平市中央図書館
◎参加できるひと
小平市に住んでいるか市内の学校に通っている小学校5年生から大学生までの児童・生徒・学生
(注)小学生は、ひとりで中央図書館まで来られ、身のまわりのことが自分でできること。
◎受け付け人数
30人(先着順に受け付けます)
◎申込み
7月7日(木曜)午前10時から 中央図書館へ(電話でも申し込めます)
◎問合せ
小平市中央図書館 電話:042-345-1246

このページの先頭へ

ホッとHOTこだいらファミリーデイ参加事業

夏休み親子一日図書館員

日ごろ図書館を利用している皆さんを対象に、「一日図書館員」を 募集します。
図書館の仕組み、役割や利用方法をより理解できる機会です。
図書館の仕事を親子で体験してみませんか。

【とき】 平成17年7月24日(日曜) 午前9時~正午
【ところ】 小平市中央図書館および地区図書館(全8館)
【対象】 市内在住の小・中学生とその家族
【定員】 各館1家族(中央図書館は2家族)
【申込み】 7月6日(水曜)の午前10時から11日(月曜)の午後7時までに、問合せ先へ(電話可、申込み多数の場合は抽選)
(注)希望する館を第2希望までお知らせください。
(注)定員に達したので、締め切りとなりました。
たくさんのご応募ありがとうございました。
【問合せ】 中央図書館(電話:042-345-1246)

このページの先頭へ

大人のためのおはなし会

小平市内の図書館では、毎月定例の日をきめておはなし会をしています。
ふだん子どもたちが楽しんでいる昔話や創作のおはなしを、どうぞこの機会におたのしみください。

【とき・ところ】 平成17年7月7日(木曜)午前10時から正午まで
小平市立大沼図書館 おはなし室
【プログラム】 こぶとりじい(日本の昔話)、へっこきよめさん(日本の昔話)
まめたろう(イランの昔話)、夜のみはりばん(R.エインワース)
妖精のぬりぐすり(イギリスの昔話
ルンペルシュティルツヘン(グリムの昔話)
(注)都合によりプログラムは変更になることがあります。
【対象】 成人 30人(電話可、先着順)
(注)お子さんを連れての参加はご遠慮ください。
【保育】 9人あります。(市内在住の6ヶ月児から学齢前まで)
保育は、申し込み多数の場合には、6月22日(水曜)午後7時に締め切り、抽選結果を全員に連絡します。
なお23日(木曜)以降でも定員に達しない場合は、先着順に受け付け、定員に達し次第、締め切ります。
【申込み】 6月21日(火曜)午前10時から、大沼図書館へ(電話可)
【主催】 小平市教育委員会
小平市子ども文庫連絡協議会
【問合せ】 大沼図書館(電話:042-342-2001)

このページの先頭へ

としょかん 絵本の読み聞かせ 実践講座

読み聞かせをしていて困ったことはありませんか?

子どもにとって、身近な人たちに本を読んでもらうことほどうれしいことはありません。
絵本のもたらしてくれる楽しさや喜びを、クラスのおおぜいの友だちといっしょに味わった時、またひとつ違う共通の体験となることでしょう。
この講座は、小学校などで「大人数の子どもたちに絵本を読み、楽しんでもらうにはどうしたらよいか」についておはなしします。
1回目は、絵本の選び方や実演にあたって気をつけたいことなど。
2回目と3回目は、参加のみなさんに絵本の読み聞かせをしてもらって、助言・アドバイスします。

とき: 第1回 平成17年5月26日(木曜) 午前10時~12時
第2回 平成17年6月 2日(木曜) 午前10時~12時
第3回 平成17年6月 9日(木曜) 午前10時~12時
ところ: 中央図書館
講師: 図書館職員
費用: 無料
対象: 小学校などで子どもたちに読み聞かせをしている方、
これから実演の予定のある方。(市内在住・在勤の方)
(注)以前受講された方は、ご遠慮ください。
定員: 30名(先着順)
申込み: 平成17年5月7日(土曜) 午前10時から
中央図書館へ(電話可)
電話: 042-345-1246
(注)保育あります。(9名) 6ヶ月~学齢前まで
保育については、申込み多数の場合5月9日(月曜)午後7時で締め切り、抽選により決定し、全員に結果を連絡します。

このページの先頭へ

図書館児童文学講演会

図書館児童文学講演会「ヨーロッパ児童文学の旅 アンデルセン童話の世界」

ヨーロッパ児童文学の旅
アンデルセン童話の世界

 

みなさん誰もが知っているアンデルセンが生まれたのは、1805年4月2日です。アンデルセンのお誕生日は、「国際子どもの本の日」となっているのをご存知ですか?
今回は、アンデルセンが子ども時代を過ごした家や、童話が生まれたお城などゆかりの舞台や風物を、池田先生ご自身で写されたスライドでたどりながら、その魅力を語っていただきます

とき: 平成17年5月14日(土曜) 午後2時~4時
ところ: 中央図書館 視聴覚室(3階)
費用: 無料
対象: 成人 (定員 60名)
講師: 池田正孝さん(中央大学名誉教授・東京子ども図書館理事)
主催: 小平市教育委員会・小平市子ども文庫連絡協議会
申込み: 必要ありません。当日会場へ直接おいでください。
(注)今回は保育はありません。
問合せ: 中央図書館 042-345-1246

中央図書館2階展示コーナーにおいて「アンデルセン童話の世界」の写真展と関連図書の展示を行います。 あわせてお楽しみください。

期間:4月23日(土曜)から5月18日(水曜)まで

このページの先頭へ

こだいら 子どもの本 読書月間

平成17年4月2日(土曜)~5月8日(日曜)

こだいら こどもの本 読書月間中、市内の図書館では子どもたちと子どもを取り巻く大人たちに向けて以下の取り組みを行います。。

取組名 日程 場所 対象 概要 電話
番号
中央図書館
親と子の
「土曜絵本ひろば」 
4/9(土曜)4/16(土曜)
4/23(土曜)4/30(土曜)
5/5(木曜)
5/7(土曜)
午前11時30分~12時 
中央図書館
おはなし室
幼児から
小学生と
保護者
絵本の読み聞かせと本の紹介 042-345-1246
こども
読書相談
4/6(水曜)
4/13(水曜)
4/20(水曜)4/27(水曜)      
午後3時~
5時
中央図書館
児童コーナー
相談カウンター
児童~
一般
「調べ学習」への援助や大人の児童図書に関する質問・本の選び方などの相談に応じる 042-345-1246
「ロシアの絵本」展 4/2(土曜)~4/20(水曜) 中央図書館
2階展示コーナー
児童~
一般
ロシアの絵本と原書の展示 042-345-1246
ヨーロッパ
児童文学の旅 
アンデルセンの世界ー 
4/23(土曜)~5/18(水曜) 中央図書館
2階展示コーナー
児童~
一般
アンデルセン作品ゆかりの地の写真展 042-345-1246
展示
「おはなし会にきてごらん!」
4/2(土曜)~5/8(日曜) 中央図書館 幼児~
一般
図書館で毎週行っているおはなし会のおはなしの本と絵本の展示 042-345-1246
バリアフリー絵本 ってなあに? 4/2(土曜)~5/8(日曜) 中央図書館 児童~
一般
布の絵本・点訳絵本・拡大写本・大活字本の展示と紹介 042-345-1246
小平子ども
文庫まつり
4/23(土曜)
午前11時~午後1時30分
中央図書館
3階視聴覚室
幼児~
一般     
本の楽しさを
伝えるもりだくさんの
おまつり鳥に
ちなんだ本
のブックトーク
なども
042-345-1246
仲町図書館
展示
「アンデルセン・ グリム・ペロー の絵本」
4/2(土曜)~5/5(木曜) 仲町図書館
児童コーナー
児童~
一般
アンデルセン・グリム・ペローの絵本やおはなしの本の展示 042-344-7151
花小金井図書館
展示
「私の好きな
子どもの本」
4/2(土曜)~5/5(木曜) 花小金井図書館
児童コーナー
児童~
一般
利用者の選ぶ子どもの本の掲示 0424-67-1215
展示
「昔話の本」
4/2(土曜)~4/19(火曜) 花小金井図書館
児童コーナー
児童~
一般
昔話絵本や、昔話に関する図書の展示 0424-67-1215
展示
「アンデルセン の本」
4/20(水曜)~5/5(木曜) 花小金井図書館
児童コーナー
児童~
一般
アンデルセンの本の展示 0424-67-1215
小川西町図書館
おはなし会
で読まれた絵本
4/2(土曜)~5/8(日曜) 小川西町図書館
児童コーナー
児童~
一般
平成16年度におはなし会で読まれた絵本の展示 042-343-1200
バリアフリー
絵本ってなあに?
4/2(土曜)~5/8(日曜) 小川西町図書館
児童コーナー
児童~
一般
布の絵本・点訳絵本等の展示と紹介 042-343-1200
読み聞かせ・
赤ちゃん絵本
相談窓口
4/2(土曜)~5/8(日曜) 小川西町図書館
カウンター
一般 絵本の紹介、読み聞かせに関する相談 042-343-1200
喜平図書館
展示
「おはなし会で 出会った絵本」
4/2(土曜)~5/5(木曜) 喜平図書館
展示コーナー
児童~
一般
平成16年度のおはなし会で子どもたちに喜ばれた絵本の展示 042-325-1300 
クイズ
「私はだーれ?」
4/2(土曜)~5/5(木曜) 喜平図書館
児童コーナー
幼児~
小学生
低学年
子どもたちが大好きな絵本の主人公の名前を当てるクイズ 042-325-1300 
上宿図書館
外国語の
絵本をどうぞ!
4/2(土曜)~5/8(日曜) 上宿図書館
児童展示コーナー
児童~
一般
外国の絵本の原書と翻訳出版された絵本との対比を楽しんでもらう 042-344-3360
津田図書館
展示
「おはなし会で 喜ばれた本」
4/2(土曜)~5/5(木曜) 津田図書館
展示コーナー
児童~一般 平成16年度のおはなし会で喜ばれた絵本の展示 042-341-1245
大沼図書館
展示
「おはなし会で 人気の絵本」
4/23(土曜)~5/18(水曜) 大沼図書館
展示本コーナー
児童~一般 平成16年度のおはなし会で人気のあった絵本の展示 042-342-2001