位置情報

  1. 現在地
  2. ホーム
  3. 利用案内
  4. 過去のお知らせ・行事案内一覧(平成15年度)
  • 蔵書検索
  • 新着案内
  • 予約ランキング
  • 図書館利用分担収集
  • 図書アラカルト
  • 雑誌目録
  • 新聞目録
  • 図書館カレンダー
  •  利用者メニュー
  •  各館案内
  • 中央図書館
  • 仲町図書館
  • 花小金井図書館
  • 小川西町図書館
  • 喜平図書館
  • 上宿図書館
  • 津田図書館
  • 大沼図書館
  • 花小金井北分室
  • 小川分室
  • 上水南分室

利用案内

図書館からのお知らせ・行事案内

過去のお知らせ・行事案内一覧

平成15年度

図書館展示会

図書館展示会 「児童文学のふるさとを訪ねる」写真展

池田正孝(いけだ まさよし)さんが児童文学作品や絵本の背景となった土地を訪れ、そのゆかりの舞台や風物を記録した写真を展示します。また、図書も展示します。

 ここでは展示される作家・作品を、一部写真もまじえてご紹介します。

  1. ビアトリクス・ポター「ピーターラビットのおはなし」
    『こねこのトムのおはなし』に出てくるトムの家は、ポターの家「ヒルトップ」がそのまま使われています。写真は、ポターのヒルトップの玄関先です。 ポターのヒルトップの玄関先
  2. ルイス・キャロル「不思議の国のアリス」
  3. ケネス・グレアム「たのしい川べ」
  4. A・A・ミルン「くまのプーさん」
    『くまのプーさん」の舞台となった百ちょ森にはフクロの家があります。この森のほんとうの名まえは「500エーカーの森」といって、この写真にみるように大きなブナの木がたくさん生えています。 大きなブナの木
    クリストファー・ロビンが成長して学校に行くようになると、彼はプーやイーヨーやウサギたちとお別れしなければなりませんでした。そのあとロビンとプーは森のてっぺんにあるギャレオン凹地と呼ばれる魔法の場所まで行きました。写真は松林にかこまれている場所ギャレオン凹地(くぼち)=ギルスラップです。
  5. ヨハンナ・シュピーリ「ハイジ」
    『ハイジ』の物語の舞台となったマイエンフェルトの町からずっと登りつめたオクセンベルクの頂上にはアルムじいさんの小屋に似た山小屋が建っており、そこはアルムじいさんそっくりのおじいさんが住んでいます。
  6. ルーシー・M・ボストン「グリーンノウ」シリーズ
  7. リンドグレーン「長くつしたのピッピ」
    リンドグレーンは南スウェーデンのスモーランド地方のヴィンメルビイという町で生まれ育ちました。ここにはアトリッド・リンドグレーン・ワールドという大人も子どもも楽しめるテーマパークがあります。ときにはここで、ピッピやエーミール、カールソンなどの登場人物にも出会うことができます。
  8. フェリックス・ホフマン「ねむり姫」「ラプンツェル」
  9. アロワ・カリジェ「ウルスリのすず」
  10. グリム兄弟「グリム童話」
【とき】 平成16年3月6日(土曜)~3月25日(木曜)
好評につき5月2日(日曜)まで展示いたします。
【ところ】 小平市中央図書館 2階展示コーナー
【問合せ】 中央図書館 電話:042-345-1246

このページの先頭へ

小平市立図書館 菅谷明子氏講演会 メディア・リテラシーと公共図書館

 さまざまな情報があふれる現代に私たちはどう対処していけばよいのでしょうか。そして、身近な図書館をうまく使いこなすにはどうしたらよいのでしょうか。  「未来をつくる図書館」「メディア・リテラシー」などの著作で注目されている菅谷明子さんにお話していただきます。

【とき】 平成16年2月29日(日曜)午後2時~4時
【ところ】 中央図書館 視聴覚室
【費用】 無料
【対象】 成人
【定員】 80人
【講師】 菅谷明子さん(経済産業研究所研究員 東京大学非常勤講師)
【申込み】 2月21日(土曜)午前10時から中央図書館へ(電話可、先着順)
【問合せ】 小平市中央図書館 電話.042(345)1246
菅谷明子さんのプロフィール
 コロンビア大学大学院(国際メディア、コミュニケーション専攻)を卒業。 米ニュース雑誌「ニューズウイーク」日本版に勤務。1997 年より、ワシントンDCを拠点に取材活動を行う。 2001年より 東京大学、武蔵野美術大学、早稲田大学にて非常勤講師。
 主な研究、関心のある分野としては、メディアと公共空間、メディア・リテラシー教育、情報センターとしての公共図書館など。
主著は、『メディア・リテラシー-世界の現場から-』岩波新書, 2000年 (2001年に韓国版が出版)、『未来をつくる図書館-ニューヨークからの報告-』岩波新書、2003年。
「独立行政法人経済産業研究所」 フェロー(研究員)のホームページより紹介させていただきました。

このページの先頭へ

 

図書館講演会

図書館講演会「ひと昔前の小平を『ききがき』で掘り起こす」
講師 下澤 勝井さん
『小平・ききがきの会』顧問 元大学講師 近代文学者、現在日本文芸家協会会員 立川市、小金井市などで文学講座を担当
日時 平成16年2月28日(土曜) 午後2時~4時
場所 小平市中央図書館 3階視聴覚室
会費 無料
申込み 必要ありません。当日直接会場へお越しください。
定員 先着80人までとさせていただきます。
主催 小平図書館友の会 小平市教育委員会
問合せ 友の会事務局・伊藤(090-1707-0860)

このページの先頭へ

 
ブックリサイクル

図書館資料(除籍本)無料配布

雑誌リサイクル
とき: 1月17日(土曜)
ところ: 各図書館リサイクルコーナー等(分室を除く)(中央図書館は、中央公民館ギャラリーで行います)
じかん: 午前10時~午後4時(中央公民館ギャラリー)午前10時~午後5時(地区館)
一般書(文学書含む)リサイクル
とき: 2月21日(土曜)・22日(日曜)
ところ: 各図書館リサイクルコーナー等(分室を除く)
中央図書館は、中央公民館ギャラリーで行います)
じかん: 午前10時~午後4時(中央公民館ギャラリー)
午前10時~午後5時(地区館)
  • 一人10冊まで
  • 児童書の配布はありません
  • お車でのご来場はご遠慮ください

問合せ 042-345-1246 (中央図書館)

このページの先頭へ

平成15年度 津田図書館児童文学講演会
講師 藤岡牧夫さん(イラストレーター・絵本作家)
代表作の「笹舟のカヌー」等をとおして、澄んだ爽やかな作風で絵本の世界を描きあげ、 ”自然との共生”という一貫したテーマで多くの作品を創造していく”こころ”を語っていただきます。
とき 平成16年2月7日(土曜) 午後2時~4時
ところ 津田公民館ホール
対象 成人
定員 80人
費用 無料
申込み 平成16年1月21日(水曜) 午前10時から  津田図書館へ(電話可、先着順)
電話:042-341-1245
(注)保育あり 9人(市内在住、6ヶ月以上から学齢前まで) 定員を超えた場合、1月25日(日曜)午後5時で締め切り、 抽選をし、結果を全員に連絡します。
主催 小平市教育委員会・小平市子ども文庫連絡協議会

藤岡牧夫 原画展 も同時開催 (詳しくはこちらへ)

期間 平成16年1月31日(土曜)~2月12日(木曜)開館時間内
会場 小平市中央図書館 2階展示コーナー
問合せ 中央図書館 電話:042-345ー1246

このページの先頭へ

図書館展示会

図書館展示会『藤岡牧夫』原画展

 「笹舟のカヌー」、「ささ舟、四万十川を行く」などの絵本作家で、 ”自然との共生”をテーマに描いています。  ロマンとメルヘンあふれる世界へお誘いします。

【期間】 平成16年1月31日(土曜)~2月12日(木曜)
【場所】 小平市中央図書館2階 展示コーナー
【主催】 小平市教育委員会
【問合せ】 小平市中央図書館 電話:042-345-1246
津田図書館において、「藤岡牧夫さんの講演会」を行います。  
テーマ 「『笹舟のカヌー』と絵本の世界」自然との共生を求めて
とき 平成16年2月7日(土曜) 午後2時~4時
ところ津田公民館ホール
対象 成人
定員 80人(保育9人あり)
申込み 平成16年1月21日(水曜) 午前10時から
津田図書館へ (電話可、先着順)
問合せ 津田図書館 電話:042-341-1245

このページの先頭へ

 
2004年ふるさとの新聞元旦号展 新年の香りを各地から

全国各地の1月1日発行の主要地方新聞を集めた24回目の 『ふるさとの新聞元旦号展』を開催します。
 地方色あふれる紙面から、ふるさとの香りと新年を迎える各地方の表情を お楽しみください。
地方新聞社が出版している郷土色豊かな図書もあわせて展示します。

【日程】 中央図書館:平成16年1月10日(土曜)~1月22日(木曜)
(注)12日(月・祝日)、15日(木曜)、16日(金曜)は休館日です 上宿図書館:平成16年1月24日(土曜)~1月29日(木曜)
【問合せ】 中央図書館 電話:042-345-1246
上宿図書館 電話:042-344-3360

このページの先頭へ

中央図書館 昔話連続講座

中央図書館昔話連続講座「子供に伝えたい昔話と絵本」
 

昔話を聞いていると、知らないうちにどんどん奥深く引き込まれ、 しだいに心が清められるような気持ちになります。  昔話や童話を題材に、昔話の不思議な世界、昔話絵本のすばらしさ を学びます。

【とき】 平成16年1月14日、21日、28日 毎週水曜日 午前10時~正午
【ところ】 小平市中央図書館
【費用】   無料
【対象】 成人
【定員】 50人
【保育】 9人あります。(市内在住の6ヶ月児から学齢前まで)
【講師】 藤本朝巳さん(フェリス女学院大学教授)
【主催】 小平市教育委員会・小平市子ども文庫連絡協議会
【申込み】 平成15年12月21日(日曜)午前10時から 中央図書館へ(電話可、先着順)
(注)保育は、12月22日(月曜)の午後7時で締め切り、申込み多数の場合は抽選し、結果をお知らせします。
【問合せ】 小平市中央図書館 (電話:042-345-1246)

このページの先頭へ

郷土写真展「玉川上水探訪」

市内を流れる玉川上水と分水の写真を集めて、さまざまな角度からその魅力を探ります。

日程 下表のとおり
主催 小平市教育委員会
小平市民憲章推進協議会ゆたかなまち専門部会
問合せ 小平市立喜平図書館
 電話:042-325-1300

小平市郷土写真展 日程

とき ところ
平成15年10月18日(土曜)~11月19日(水曜) 中央図書館
11月22日(土曜)~12月 4日(木曜) 喜平図書館
12月6日(土曜)~12月11日(木曜) 津田図書館
12月13日(土曜)~12月17日(水曜) 上宿図書館
12月20日(土曜)~12月25日(木曜) 小川西町図書館
平成16年1月5日(月曜)~1月14日(水曜) 仲町図書館
1月17日(土曜)~1月22日(木曜) 大沼図書館
1月24日(土曜)~1月29日(木曜) 花小金井図書館

(注)開催時間は図書館開館時間です

このページの先頭へ

図書館講演会

図書館講演会「絵本はともだち」

子どもたちは、どんなふうに絵本と出会い、 どんなふうに物語の世界へ入っていくのでしょうか。  体験をもとに絵本の魅力を語ってもらいます。

【とき】 平成15年12月6日(土曜) 午後1時30分~3時30分
【ところ】 小平市中央図書館
【費用】 無料
【対象】 成人
【定員】 80人
(注)保育 9人あります。(市内在住の6ヶ月児から学齢前まで)
【講師】 中村柾子さん(立教女学院短期大学講師)
【申込み】 平成15年11月21日(金曜) 午前10時~
中央図書館へ(電話可、先着順)
(注)保育は、11月25日(火曜)の午後5時に締切り、申込み多数の場合は抽選します。抽選結果は全員に連絡します。
中央図書館 (電話: 042-345-1246)

このページの先頭へ

図書館福祉講演会

図書館福祉講演会「教えてもっと、美しい音を 聴導犬・美音がくれたもの」

聴導犬使用者の、松本江里さんにお話していただきます。

 
【とき】 平成15年11月30日(日曜) 午後1時30分~
【ところ】 小平市立小川西町公民館ホール (小川西町図書館1階)
【講師】 平成15年11月30日(日曜) 午後1時30分~
【申込み】 平成15年11月21日(金曜) 午前10時~  小川西町図書館へ (電話: 042-343-1200)
(注) 21日(金曜)は休館日のため、電話受付のみ  22日(土曜)より、カウンターでも受付します。
【講師】 松本江里さん 聴導犬の美音ちゃんも来ます。
【対象】 小学生以上
【定員】 50人

 手話通訳があります

このページの先頭へ

 

展示会

図書館探検隊「玉川上水とあそぼう!」
 

小平の歴史を語るときに忘れてならないのが、玉川上水の開削です。
 武蔵野の原野であったこの地を開拓し、人が住めるようになったのは、飲み水得られたからであり、その飲み水は玉川上水からの分水によって確保されたのでした。
 玉川上水が開かれてから今年で350年になり、その3年後には小川村の新田開発が始まったのです。この記念すべき年に古文書と写真で見る展示会を開催します。なお、玉川上水の写真展も併せて開催しますので、お気軽にご参加ください。

テーマ 玉川上水と新田開発
期間 10月18日(土曜)から11月19日(水曜)まで 休館日 金曜日・祝日
会場 小平市中央図書館2階展示室
問合せ 小平市中央図書館 電話:042-345-1246

このページの先頭へ

喜平図書館講演会

展示会「玉川上水と新田開発」
展示会

 小平の歴史を語るときに忘れてならないのが、玉川上水の開削です。
 武蔵野の原野であったこの地を開拓し、人が住めるようになったのは、飲み水得られたからであり、その飲み水は玉川上水からの分水によって確保されたのでした。
 玉川上水が開かれてから今年で350年になり、その3年後には小川村の新田開発が始まったのです。この記念すべき年に古文書と写真で見る展示会を開催します。なお、玉川上水の写真展も併せて開催しますので、お気軽にご参加ください。

テーマ 玉川上水と新田開発
期間 10月18日(土曜)から11月19日(水曜)まで
休館日 金曜日・祝日
会場 小平市中央図書館2階展示室
問合せ 小平市中央図書館
 電話:042-345-1246

このページの先頭へ

展示会

喜平図書館講演会「玉川上水と分水 小平市における水利用」

玉川上水が誕生して今年で350年ー。
小平の発展にとって玉川上水は欠かせない存在でした。
いまでも、上水沿いの自然あふれる緑道は、私たちに安らぎを与えてくれる 憩いの場です。
身近にあるけれど意外に知らない玉川上水。
そんな玉川上水と分水についてのお話です。

【とき】  平成15年11月29日(土曜) 午後1時30分~3時30分
【ところ】  小平市立喜平図書館 2階集会室
【定員】  50名(先着順)
(注)保育・駐車場はありません。
【費用】  無料
【主催】  小平市教育委員会
【申込み】  平成15年11月6日(木曜) 午前10時より
 電話、もしくは喜平図書館2階事務室へ
【問い合わせ】  喜平図書館 電話: 042-325-1300

11月22日(土曜)~12月4日(木曜)の期間、喜平図書館1階ロビーにて写真展示 「玉川上水探訪」を行います。ぜひご覧ください。


【講師プロフィール    肥留間 博(ひるま ひろし)氏】
玉川上水の歴史研究者。玉川上水の調査・研究に20年以上携わり、玉川上水に関する出版・講演会・講座を数多く手がける。
 
 著書:「玉川上水 親と子の歴史散歩」(小平市立図書館全館に所蔵あり)
 共編著書:「玉川上水通船史料集」 (小平市中央図書館に所蔵あり)「江戸上水の技術と経理」

このページの先頭へ

中央図書館行事「大人のためのおはなし会」

日ごろ図書館で子どもたちが楽しんでいる日本の昔話やグリムの昔話などを語ります。 子どもたちが、目を輝かせて聞き入る理由を発見されることでしょう。

【とき】  平成15年10月30日(木曜) 午前10時~正午
【ところ】  小平市中央図書館2階 おはなし室 
【費用】  無料
【対象】  成人
(注)お子様を連れての参加はご遠慮ください。
【定員】  30人 
(注)保育あります。 (市内在住・6ヶ月以上学齢前 9人)
【主催】  小平市教育委員会
 小平市子ども文庫連絡協議会
【申込み】  10月21日(火曜)の午前10時から、小平市中央図書館へ(電話可、先着順
(注)保育の申込みのみ、申込多数の場合22日(水曜)午後時で締め切り、抽選し、全員に連絡します。
なお23日(木曜)以降でも定員に達しない場合は、
先着順で受け付け、定員に達し次第、締め切ります。
【問合せ】  小平市中央図書館 電話: (042) 345-1246

小平市内の図書館では、毎月定例の日をきめておはなし会をしています。   ふだん子どもたちが楽しんでいる昔話や創作のおはなしを、どうぞこの機会に   おたのしみください。

このページの先頭へ

花小金井図書館講演会「多摩の鉄道」
 

多摩は明治期から現代に至る百余年の間に、その地域的特性を大きく変えてきました。  この地方に広がる鉄道網も都市化の中で大きく変化し、明治中期には製糸業にかかわる商品流通が鉄道を支え、明治末期から昭和初期にかけては石灰石や砂利の輸送を主目的として建設された鉄道もありました。
大正後期以降の多摩地方の鉄道は、東京の通勤という新しい機能として変容していきました。
多摩の鉄道を、地域社会の変遷と関連づけてゆきます。

とき 平成15年11月1日(土曜) 
 14:00~16:00
ところ 小平市花小金井1丁目3-29
  小平市東部市民センター集会室
講師 野田正穂さん(法政大学名誉教授)
定員・対象 40名(先着順)・成人
申込み 10月21日(火曜) 午前10時から
 下記へ電話か、花小金井図書館カウンターにお申込み下さい。
問合せ 小平市花小金井図書館
   電話:0424-67-1215

(注)お車でのご来場はご遠慮下さい

このページの先頭へ

上宿図書館講演会

上宿図書館講演会「秋から冬への玉川上水」

秋から冬への玉川上水の自然を、樹木と野草を中心に話していただきます。

  
【とき】平成15年10月26日(日曜) 午後1時30分~3時30分
【ところ】 小平市立上宿図書館2階集会室
【費用】 無料
【対象】 成人 
【定員】 30人
【講師】 織田雅雄さん(野草研究家)
【主催】 小平市教育委員会
【申込み】 10月21日(火曜) 午前10時から上宿図書館へ
(電話可、先着順)
                             

上宿図書館 電話 : 042-344-3360
10月24日(金曜)は休館日のため、電話受付のみとなります。

このページの先頭へ

子ども文庫講演会

こども文庫講演会「現在(いま)子供たちが求めているもの」

「冒険者たち」の著者である斎藤惇夫さん(児童文学者)に「子どもの成長と物語」というテーマでお話を伺います。

【とき】 平成15年10月4日(土曜)
午後2時~4時
【ところ】 中央図書館視聴覚室
【講師】 斎藤惇夫氏(児童文学者)
【費用】 無料
【対象】 成人
【定員】 60人
保育あり 9人(市内在住の1歳以上未就学児)
(注)保育申込みは9月21日(日曜)から23日(火曜)までに問合せ先へ
 (電話可、申込み多数の場合は抽選し結果を全員に連絡)
【主催】 小平市子ども文庫連絡協議会
小平市教育委員会
【申込み】 当日会場へ(先着順)
【問合せ】 内田  電話042-324-7212
斎藤惇夫氏プロフィール
1940年新潟県新潟市生まれ。長年福音館書店の編集責任者として子どもの本の編集に携わり2000年より作家活動に専念する。1970年「グリックの冒険」でデビュー。児童文学者協会新人賞受賞。続いて「冒険者たち」を発表。国際アンデルセン特別優良賞受賞。1982年「ガンバとカワウソの冒険」で野間児童文芸賞受賞。その多エッセイ集等も発表している。

このページの先頭へ

図書館講演会

図書館講演会「『捨てる』技術から『暮らす』技術へ」

家の中に物が溢れてお困りではないですか?そんな方に「捨てる」技術と、 さっぱりとして、豊かに「暮らす」技術について講演していただきます。

 
【とき】 平成15年9月28日(日曜)
午後1時30分~3時30分
【ところ】 仲町図書館
【対象】 成人
【定員】 40名(先着順)
【講師】 辰巳 渚さん(作家)
【申込み】 9月21日(日曜)午前10時から
下記に電話か、仲町図書館カウンターへお申込み下さい
仲町図書館  電話042-344-7151

(注)車でのご来場はご遠慮ください

講師プロフィール
 辰巳 渚 = たつみ なぎさ
福井県生まれ。マーケティング雑誌「月刊アクロス」記者、筑摩書房勤務を経て、フリーのマーケティングプランナーとして独立。2000年に出版された『「捨てる!」技術』は、ベストセラーとなり、100万部を突破。続編の『「暮らす!」技術』も、話題を集め、より広い観点から現代の暮らしの問題点について、発言を続けている。

このページの先頭へ

 
秋のブックリサイクル

図書館資料 (除籍本)無料配布

とき: &9月20日(土曜)・21日(日曜)
ところ: 小川西町公民館学習室(小川西町図書館併設)
じかん: 午前10時~午後4時
  • 一般書のみの配布です。
  • 一人10冊まで
  • お車でのご来場はご遠慮ください

小平市立図書館 問合せ 042-345-1246

このページの先頭へ

図書館講演会

図書館講演会「学童疎開の子どもたち」
 

太平洋戦争末期の昭和19年夏、東京の都市部に住む子どもたちは米軍の空襲を避けて地方の農村部に疎開することになりました。当時の小平町にも赤坂区(現港区)や東京女子高等師範学校付属(現お茶の水女子大学付属)の小学生たちが親元を離れて学校ごとに集団で疎開をしました。

 

子どもたちは町内の寺院や農家に寝泊りをし、慣れない生活を強いられました。今回は自らも体験者であり、学童疎開の歴史を次世代に語り継ぐ活動を続けている全国疎開学童連絡協議会の蓮田宣夫さんにお話していただきます。また、当時小平で疎開生活を経験した方にもお話していただきます。

      
【とき】 9月14日(日曜) 午後2時~4時30分
【ところ】 小川西町公民館ホール
【対象】  中学生以上
【定員】      50人(先着順とさせていただきます。)
【講師】 蓮田宣夫さん(全国疎開学童連絡協議会会員)
【主催】 小平市教育委員会
【申込み】  小川西町図書館(042-343-1200)8月21日(木曜) 午前10時から受付お電話か、またはカウンターでお申込み下さい。
  

(注)尚、車でのご来場はご遠慮ください。

講師プロフィール 蓮田宣夫さん
昭和9年、東京神田区(現千代田区)生まれ。小学生の時に埼玉に疎開する。  元公立中学教諭、全国疎開学童連絡協議会会員。主著『疎開は勝つため国のためー小平町受入れの戦時疎開についてー』など。

このページの先頭へ

児童文学紀行講座

児童文学紀行講座「絵本で旅するイギリス」

『旅の絵本III(イギリス編)』(安野光雅著、福音館書店)を愉しみながら、 描かれた風景の中に隠された謎を追います。絵本や児童文学はもとより、 名画・建築・人物などたくさんの発見があり、新たな絵本の魅力に出会えるでしょう。

とき 平成15年9月11日(木曜)午前10時~正午
ところ 小平市中央図書館
講師 中央図書館職員
費用 無料
定員 40名(市内在住・在勤の成人)
申込み 9月6日(土曜)午前10時から中央図書館へ(電話可・先着順)電話:042-345-1246