位置情報

  1. 現在地
  2. ホーム
  3. 利用案内
  4. 過去のお知らせ・行事案内一覧(平成14年度)
  • 蔵書検索
  • 新着案内
  • 予約ランキング
  • 図書館利用分担収集
  • 図書アラカルト
  • 雑誌目録
  • 新聞目録
  • 図書館カレンダー
  •  利用者メニュー
  •  各館案内
  • 中央図書館
  • 仲町図書館
  • 花小金井図書館
  • 小川西町図書館
  • 喜平図書館
  • 上宿図書館
  • 津田図書館
  • 大沼図書館
  • 花小金井北分室
  • 小川分室
  • 上水南分室

利用案内

図書館からのお知らせ・行事案内

過去のお知らせ・行事案内一覧

平成14年度

図書館講演会

図書館講演会「あそびの達人をめざそう

『あそびの学校』を主宰し、子どもたちにあそびの楽しさを伝えている菅原道彦さんに、あそびの大切さについて話してもらいます。 あなたも、子どもの心をとらえる、あそびの達人になってみませんか。

【とき】 3月22日(土曜) 午後2時~4時
【ところ】 中央図書館 3階 視聴覚室
【費用】 無料
【対象】 成人
【定員】 50人(注)保育9人あります。(市内在住の6か月児から学齢前まで)
【講師】 菅原道彦さん(あそびの学校主宰)
【主催】 小平市教育委員会・小平市子ども文庫連絡協議会
【申込み】 3月6日(木曜)の午前10時から中央図書館へ(電話可、先着順)
【問合せ】 中央図書館 電話042-345-1246
[講師紹介]
  • 菅原道彦(すがわら みちひこ)さん
  • 1945年 福島県会津若松市生まれ
  • 1968年 多摩美術大学デザイン科卒業
  • 「あそびの学校」主宰、「日本ベイゴマ協会」世話役    民俗カメラマン    共栄学園短期大学部児童福祉科非常勤講師    作新学院大学女子短期大学部幼児教育科非常勤講師
 著書:
  • 「あそびの大図鑑」(大月書店)
  • 「みんなであそぼ!」(さ・え・ら書房)
  • 「あそびの達人」(新科学出版社)ほか

このページの先頭へ

津田図書館講演会

津田図書館講演会「本が人を呼び人が本を呼ぶ」

急がれるこどもたちの読書環境整備 そのために何をしなければならないかを考える

 

「絵本に親しむ」ということは、子どもが「ことば」の世界の不思議に出会い、知的冒険の旅へと、あたたかい心と夢を抱いて出かけるための、かけがえのない時間です。
家庭で、保育園、幼稚園、学校で、図書館で、子どもに「一冊の本を、心をこめて、手わたす」ことの大切さを考えます。

【とき】 3月1日(土曜) 午後2時~4時
【ところ】 津田公民館ホール
【費用】 無料
【対象】 成人
【定員】 80人
【講師】 山崎慶子さん(昭和短期大学講師)
【主催】 小平市教育委員会
【申込み】 津田図書館へ(電話可、先着順)
【問合せ】 小平市立津田図書館  042-341-1245

[講師紹介]
 
司書教諭として長年、学校図書館の育成に努め、また「母と子の読書相談室」を開設するなど読書推進活動の草分け的存在。これまで駒沢大学、麗澤大学などで司書・司書教諭講座を担当する。現在、昭和短期大学講師、JPIC読書アドバイザー養成講座専任講師。朝日新聞 平成13年2月18日(日曜)「あなたが選ぶーこの人が読みたい」に紹介される。
[著作]
  • 『ことばの種まき』 全6巻 フェリシモ出版 2001~2002 
  • 『グランマの本棚から‐親と子の100冊』NHK生活人新書 NHK出版 2001

このページの先頭へ

図書館講演会

図書館講演会 かみしばい文化と演じる楽しさ

 かみしばいは、日本で生まれた、日本独自の文化として、多くの人に親しまれてきました。  今回は、かみしばい研究家の加藤武郎さんに、かみしばいの魅力について、実演を含めて話していただきます。  絵本とは違った、かみしばいの楽しさを一緒に味わってみませんか。

【とき】  2月15日(土曜) 午後2時~4時
【ところ】  中央図書館
【費用】  無料
【対象】 成人
【定員】 80人
(注)保育9人あります。(市内在住の6か月児から学齢前まで)
【講師】 加藤武郎さん(かみしばい研究家)
【主催】 小平市教育委員会・小平市子ども文庫連絡協議会
【申込み】 中央図書館へ(電話可、先着順)
【問合せ】 中央図書館 電話 042-345-1246

このページの先頭へ

図書館講演会

図書館講演会「歴史の中の母の生き方」
 

『歴史のなかの賢母・愚母・慈母』の著者、山本和加子さんが、作品に書かれた母たちについて語ります。
 学者の母、商人の母、出世息子の母、軍人の母など異なった環境・時代のなかで、それぞれの母たちがどう生きたか。有名な野口英世・石川啄木の母や無名な庶民の母など、千差万別ですが、どの母もひとりの人間が育っていくまで、陰の部分を受けとめる役を負った、苦労多き存在でした。
 いつの時代も、"安心して暮せる時代"なんてありません。歴史のなかの母を通して、これからの母を一緒に考えてみませんか。

【とき】 12月21日(土曜) 午後2時~4時
【ところ】 中央図書館
【費 用】 無料
【対象】 成人
【定員】 80人
【講師】 山本和加子さん(歴史研究家)
【主催】 小平市教育委員会
【申込み】 中央図書館へ(電話可、先着順)
(注)金曜日と19日(木曜)は、休館日のため電話受付のみといたします。
【問合せ】 中央図書館 (042-345-1246)
講師プロフィール
山本和加子(やまもと わかこ)さん
1933年 東京都新宿区生まれ
法政大学文学部哲学科卒
月刊誌・週刊誌のフリールポライターに従事
作家 山本茂実と結婚夫の仕事を手伝いながら歴史を学ぶ
近世女性史研究会会員・歴史研究会会員
著書に、
『青梅街道 江戸繁栄を支えた道』(聚海書林)
『四国遍路の民衆史』(新人物往来社)
小平市在住

このページの先頭へ

 
小平市立図書館 ビジネス支援セミナー
主催: 小平市教育委員会・ビジネス支援図書館推進協議会
協力: 小平ビジネス支援図書館研究会
会場: 小平市中央図書館 3階視聴覚室
会費: 無料
定員: 80名(第5回は12名)

ビジネス支援図書館の活動については、菅谷明子氏が『中央公論』にニューヨーク公共図書館の事例を報告してから日本でも注目を集めるようになりました。
 2000年12月ビジネス支援図書館推進協議会が設立され、昨年7月には全国から300人に及ぶ参加者が集ってシンポジウムが開催されました。また、浦安市立図書館では10回の「ビジネス図書館セミナー」とWebやデーターベースを利用したビジネス情報の提供が行われ、NHKのニュースでも放映されました。今年6月には東京商工会議所にビジネス支援ライブラリーが開館するなど、日本でも経済のグローバル化とローカル化の中で多くの関心がよせられています。  そこで、小平市でもこれからの図書館の可能性を市民のみなさまとともに探り、地域の情報支援や活性化に役立つセミナーを企画しました。
 ぜひ、来て、聞いて、感じて、考えて、できることから実践してみませんか!

第1回 10月13日(日曜) 14時~16時30分 シンポジウム 『えっ?ほんと!図書館でビジネス支援』

図書館をビジネスにも活用できるようにするには、どうすればよいのか。内閣府、経済産業省及び経済産業研究所,東京都産業労働局、多摩地域の経済経営研究者及び図書館利用者、日本図書館協会及び浦安市立図書館、ビジネス支援図書館推進協議会の立場と視点で報告いただき、パネルディスカッションによって議論を展開します。

ディスカッサント
安藤 晴彦 氏 内閣府企画官(経済財政運営総括)
兼 独立行政法人経済産業研究所フェロー
島田 真行 氏 東京都産業労働局産業政策部経営支援課 主事(中小企業診断士)
平山 恵三 氏 エル経済金融研究所 所長
常世田 良 氏 浦安市立図書館 館長(社団法人日本図書館協会常務理事)
竹内 利明 氏 ビジネス支援図書館推進協議会 会長(電気通信大学客員助教授)
モデレータ
蛭田 廣一 氏 小平市中央図書館 館長補佐

第2回 11月9日(土曜) 14時~16時
テーマ:ビジネス情報機関および情報の利用法

講 師 豊田恭子氏
(ゲッティ イメージズ ジャパン(株)リサーチマネージャー)
(ビジネス支援図書館推進協議会 基本文献調査委員会 委員長)

一般の人や図書館職員がビジネス情報を探すときに、どのような機関や施設がどのように使えるのかを説明していただきます。ビジネスに関する図書館利用法、リサーチの仕方のガイダンスです。


第3回 12月10日(火曜) 10時30分~12時
テーマ:あなたも仕事を始めてみませんか「私の起業体験 働きたい主婦この指とまれ」

講 師 石井美鈴氏
(NCAコンサルティング(株) 代表取締役)

講師は「結婚しても、子供が生まれても、仕事がしたい!」そんな主婦たちの切実な気持を支援するために、アウトソーシング、SOHOの仕事を紹介する会社を経営しています。あなたの能力と、意欲と、情熱と、アイディアを活かし、情報を利用してステップアップしてみませんか。


第4回 1月19日(日曜) 14時~16時
テーマ:図書館を利用してビジネスプランを練る
講 師 時山正氏
(中小企業診断士・コンサルタンツ ノバーレ 代表)

いま世界は急激な環境変化の時代を迎え、日本経済の高度成長を支えてきた経営シスムも機能しなくなっています。失業率も相変わらず高く再就職も困難な状況です。しかし、いつの時代もこのような不況を乗り越え、新しい時代を開いてきたのは創業者たちです。講師の話に耳を傾け、新しい企業経営を考え、独立・創業の可能性を探ってみませんか。


第5回 2月23日(日曜) 14時~17時
テーマ:特許とビジネスプランの個別相談会(事前予約制:お1人30分)

  • 特許相談 三好秀和氏 (弁理士・三好内外国特許事務所 所長)
  • ビジネスプラン相談 時山正氏 (中小企業診断士・コンサルタンツノバーレ 代表)

特許またはビジネスプラン相談の別と希望時間を記入してお申込みください。事前にご相談内容を確認するために連絡させていただくことがあります。また、ビジネス支援図書館推進協議会の担当者が記録のため同席することを了承のうえお申込みください。

申込方法

 参加申込はFAXでお願いします。定員は第1~4回が80名で先着順です。定員を越えた場合にのみ連絡しますので、連絡がない場合は当日直接会場へお越しください。第5回は個別相談で各6名です。時間を調整するために数日前に確認の連絡をします。なおFAX申込の困難な場合は直接図書館の窓口か電話(042-345-1246)でお申し込みください。  セミナー終了後会場内で希望者を対象に小平ビジネス支援図書館研究会主催の名刺交換会を開催しますので、参加希望者は名刺を準備してご参加ください。

FAX番号(042-345-1483)   受付開始 9月20日(金曜)

  • 参加回 
    第1回 第2回 第3回 第4回(参加回にチェックのこと)
    第5回(特許・ビジネスプラン   時  分頃希望)
  • 氏名
  • 所属(会社名・学校名等・学生は学年)
  • 電話
  • FAX
  • e-mail
   

このページの先頭へ

ホッとHOTこだいらファミリーデイ参加事業

夏休み 親子一日図書館員

体験希望者募集

 日ごろ、図書館を利用している皆さんを対象に、親子による 「一日図書館員」の体験希望者を募集します。

 図書館の仕事の一部を実際に体験し、図書館の仕組み、役割や 利用方法をよりいっそう理解していただくために行なうものです。  夏休みの一日を家族で体験してみませんか。

7月21日(日曜) 午前9時~正午 中央図書館及び地区図書館(全8館)

【対象】 市内在住の小・中学生とその家族
【定員】 各館1家族(中央図書館は、2家族)
【申込み】 7月11日(木曜) 午後7時をもちまして、受付を終了いたしました。多数のご応募、ありがとうございました。
【問合せ】 小平市中央図書館  電話:042-345-1246
 

このページの先頭へ

絵 本 の 読 み 聞 か せ

絵本の読み聞かせ実践講座

・・・・・絵本を読んであげましょう。・・・・・

子どもにとって絵本とは何でしょう。
すばらしい絵本は、子どもたちの豊かな感性を育てます。
そして、その絵本を身近なひとに読んでもらった体験は、楽しい思い出となって心に残ることでしょう。
講座の1回目は、絵本を読んであげることの大切さ・選びかたなど。2回目と3回目は、実際の読み方などを小グループに分かれて参加者に実演してもらい、助言・アドバイスをします。
読み聞かせに興味のある方、幼稚園・小学校などで子どもたちに読み聞かせをしている方、どうぞお気軽にご参加ください。

 
とき: 第1回 平成14年5月23日(木曜)午前10時~12時
第2回 平成14年5月30日(木曜)午前10時~12時
第3回 平成14年6月6日(木曜)午前10時~12時
ところ: 中央図書館
講師: 図書館児童担当職員
費用: 無料
対象: 市内在住・在勤の方
定員: 30名(先着順)
申込み: 定員に達しましたので、締め切りました。多数の応募、ありがとうございました。
電話.042-345-1246

(注)保育あります(9名)。
6ヶ月~未就学児まで

保育については、申込み多数の場合5月9日(木曜)午後7時で締め切り、抽選により決定し、全員に結果を連絡します。