位置情報

  1. 現在地
  2. ホーム
  3. 利用案内
  4. インターネット端末
  5. 商用データベース利用案内
  • 蔵書検索
  • 新着案内
  • 予約ランキング
  • 図書館利用分担収集
  • 図書アラカルト
  • 雑誌目録
  • 新聞目録
  • 図書館カレンダー
  •  利用者メニュー
  •  各館案内
  • 中央図書館
  • 仲町図書館
  • 花小金井図書館
  • 小川西町図書館
  • 喜平図書館
  • 上宿図書館
  • 津田図書館
  • 大沼図書館
  • 花小金井北分室
  • 小川分室
  • 上水南分室

利用案内

インターネット端末

商用データベース利用案内

商用データベースのご案内

中央図書館2階の参考室には、商用データベース専用端末を1台、仲町図書館2階・3階には各1台を設置しています。

商用データベースとは、閲覧するために料金が必要なデータベースサービスで、インターネットを経由してパソコンを使って利用するものを指します。

商用データベースは、データベース提供会社との契約により、利用者の方が自分でデータベースを操作して、必要な情報を検索することができます。

利用できる商用データベースの一覧

平成29年4月現在、以下の商用データベースが利用できます。

【中央図書館・仲町図書館】

  • 朝日新聞記事データベース聞蔵IIビジュアル
  • 第一法規法情報総合データベース D1-Law.com
  • 国立印刷局 官報情報検索サービス
  • 読売新聞記事データベース ヨミダス歴史館
  • 辞書・事典データベース ジャパンナレッジ 

【仲町図書館のみ】

  • 児童用インターネット百科事典 ポプラディアネット
利用できる方

小平市立図書館の利用カード(本を借りるときに使うカード)をお持ちの方に限ります。

商用データベースを利用される方は、利用カードの登録の手続きをしてから、ご利用ください。

登録は、小平市立図書館全館で行うことが出来ます。
(小平市に在住・在勤・在学の方、東村山市・西東京市・清瀬市・東久留米市、国分寺市に在住の方)

利用料

無料です。
ただし、プリントアウトには片面1枚10円の料金が必要です。

利用時間

商用データベースの1回の利用時間は30分です。1日2回まで利用できます。
ただし、次に利用者の方がいないときは、1回の利用につき、30分の延長ができます。延長をご希望の場合は、カウンターの職員にお申し出ください。
(注)閉館時間を超えて利用することは出来ません。

利用手続き
  1. 利用される方は、中央図書館2階参考室(参考室に入る前に、入口脇のロッカーへ荷物を入れてから入室してください。)、仲町図書館2階・3階においで下さい。
    (注)電話やメールでの利用予約はできません。
  2. インターネット端末利用申込書に記入し、利用カードを添えて申し込んでください。
  3. 満席のときは、順番待ちとなります。カウンターの職員の指示に従ってください。中央図書館・仲町図書館で同時に同じデータベースを使用することはできないため、その場でパソコンを利用している方がいなくてもお待ちいただく場合があります。
商用データベースの詳細について

朝日新聞記事データベース 聞蔵IIビジュアル

記事検索

1985年から現在までの朝日新聞記事データベース(全文検索・2005年11月からの記事には記事イメージをPDF表示)

紙面検索

1879年から1989年までの朝日新聞紙面データベース(見出し・発行日・年表・キーワード検索。紙面イメージをPDF表示)
(注)1985年~1989年は発行日でのみ検索可能。

  • 朝日新聞記事以外にも、週刊AERA(創刊号の1988年5月から、ただし著作権の関係で表示されない記事もあります)、週刊朝日(2000年4月からニュース面のみ)、知恵蔵(現代用語辞書)の検索もできます。
  • オプションの人物データベースからは約36,000人の各界キーパーソンの人物情報を検索できます。

利用するときはブラウザ起動時のホーム画面の一覧から、「朝日新聞記事データベース」をクリックして、画面右側中にある「スタート画面へ(SSL)」をクリックしてください。自動的にログインします

第一法規法律・判例検索データベース D1-Law.com

主要判例、現行法規、法律判例文献情報の検索ができます。

判例検索からは収録公刊・民刊の判例誌約100誌(旧憲法下~現在)に公表された全分野の判例等、判例書誌(約18万件)・判例要旨(約32万件)・判例本文フルテキスト(約16万件)が、要旨・本文フリーワード・キーワード・参照法令・裁判年月日・裁判所・事件番号・出典名・裁判官名などから検索できます。

現行法規検索からは、日本国憲法・条約・法律・政令・勅令・省令・規則の約10,000法令が検索できます。

法律判例文献情報検索からは法律関係図書、法律専門雑誌・研究紀要等約1,300誌及び朝日・読売・毎日・日経新聞に掲載された法律関係署名論文・対談等の文献情報約50.5万件及び、判例情報誌26誌から採録した約4万件の判例情報が検索できます。

利用するときは、ブラウザ起動時のホーム画面の一覧から、「第一法規法律・判例検索データベース」をクリックして、画面左側中にある「ID」の欄をダブルクリックしてください。IDが表示されるので表示されたID選択したあと、→ボタンをクリックしてください。

国立印刷局 官報情報検索サービス

昭和22年5月3日(日本国憲法施行日以降)~当日発行分の官報(本紙、号外、政府調達公告版、資料版、目録)を日付指定または全文検索することができます。

官報では政府広報として、国会に関する事柄、国家公務員の人事異動、叙位・叙勲・褒章、皇室に関する事柄、官庁による報告(国家試験の実施要領・結果、公聴会の開催・議事録、地価公示等)、 閣議決定事項、国際収支状況が掲載されます。

また、公告として、政府調達、 特殊法人の公告として日本銀行営業毎旬報告・日本道路公団工事完了・工事開始、地方公共団体の公告として公債抽選・公債償還・行旅死亡人、裁判所の公告として除権決定・破産・会社更生関係、会社の公告として合併公告・決算公告などが掲載されています。

  • 官報資料版の発行は平成19年3月28日号で発行を終了しました。

利用するときは、ブラウザ起動時のホーム画面の一覧から、「官報情報検索サービス」をクリックしてください。ID・パスワードは職員が入力しますので、声をおかけください。

読売新聞記事データベース ヨミダス歴史館

明治の新聞も現在の言葉で検索、当時のまま読める

明治〜昭和終戦直後ごろの記事には、現代の言葉で見出しとキーワードを付けました。それによって、明治〜昭和の紙面が一貫検索できます。検索は、言葉を入力し、必要に応じて「検索期間」など他の条件を組み合わせて行います。

「赤ピン」機能 記事の位置が一目で

明治〜昭和終戦直後ごろの紙面は、見出しがなかったり、文字が小さかったりと、まるで活字の海のようで、ここで威力を発揮するのが「赤ピン」です。読売新聞が独自開発した機能で、該当記事には「赤ピン」が立ち、すぐに見つけられます。

拡大縮小が自由自在。部分印刷も可能

検索結果は紙面1ページ全体で表示されます。画面上部のボタンのほか、マウス中央のホイールボタンで、自由自在に拡大縮小できます。拡大した部分だけの印刷も可能です。

毎日更新、年30万件が増加

記事は年間30万件のペースで増えています。全国各地の地域版(沖縄を除く)が読めるのも魅力です。検索結果は、テキストでの表示です。 2008年12月以降の記事は「切り抜き紙面」が付きます。全文検索とキーワード検索の両方が使え、このうちキーワード検索では、漢字の読み仮名が登録されているため、ひらがな、カタカナでも検索できます。

辞書・事典データベース ジャパンナレッジ

『ジャパンナレッジ』は約50種類の辞事典、叢書、雑誌が検索できる国内最大級の辞書・事典サイトです。基本検索はすべての辞事典を横断検索しやすいようにシンプルな作りにしている一方、詳細(個別)検索では各辞事典に応じたオリジナルな絞り込み機能(ファセット機能)を加え、より詳しく検索できるようになっています。

絞り込み機能(ファセット機能)の進化

基本検索や詳細検索でコンテンツ(辞事典)を選んで検索でき、詳細(個別)検索でもコンテンツに応じて、ジャンルや項目の種類など、さまざまな切り口での絞り込み(=ファセット)も可能です。検索語が思い浮かばないときに威力を発揮します。

グルーピング表示の採用(東洋文庫、古典、クセジュ、群書類従)

「東洋文庫」「新編 日本古典文学全集」「文庫クセジュ」「群書類従(正・続・続々)」の詳細検索を行うと検索した用語に関係する作品や本文等がグループとしてまとめられて検索結果に表示されます。

児童用インターネット百科事典 ポプラディアネット

『ポプラディアネット』は、ポプラ社が提供するオンライン百科事典サービスです。
インターネットの特性をいかした、日々の情報更新や豊富なマルチメディアが、こどもたちの意欲的な学習をサポートします。

かんたんな検索

検索窓にキーワードを入力するだけで、調べたことばの意味がすばやく表示されるので、検索で迷うことはありません。キーボード入力が苦手な方向けには、マウス操作で検索できる五十音検索機能もあります。

正確な情報

不確かな情報も多いインターネット上の情報では、こどもたちが情報の真偽を確かめるのは非常に困難です。その点『ポプラディアネット』の情報は専門家の監修を受け、編集部が責任編集しており、安心して正しい情報を得られます。

ふりがな対応

本文は、小学生が理解できるように平易な文章で解説してあります。小学校高学年で習う漢字にはふりがなが振ってあります。 ふりがなをはずす機能もあります。

プリントアウトについて

プリントアウトは片面1枚10円になります。
ミスプリントや必要のないページを誤ってプリントアウトしてしまった場合も有料となりますので、プリントアウトの際は、必ず印刷プレビューで内容を確認の上、必要なページのみをプリントしてください。

プリントアウトする場合には、プリンターの準備が必要です。まず職員に声をおかけください。
プリントアウト後は備え付けのプリントアウト申込書を提出のうえ、カウンターで精算してください。

また、朝日新聞記事データベース聞蔵IIビジュアルについては1回の利用につき、1.見出しまでの検索結果:最大1000件、2.記事本文:最大50件、3.人物データベース:最大50件まで、プリントアウトできます。ただし、同一データを複数プリントアウトすることはできません。(お一人1日当たり2回まで)

その他
  • 利用方法の詳細は、利用ガイドが備え付けてありますので、ご覧ください。
  • 商用データベースのデータを転送したり、持ち帰ったりすることはできません。