メニュー。メニューを飛ばして本文へ

としょかんこどもきょうどしりょうNo.6

ここから本文。

小平(こだいら)鉄道(てつどう)歴史(れきし)


小平の鉄道の歴史
イラストをクリックするとおおきくなります

西武鉄道(せいぶてつどう)とか、JR(じぇいあーる)中央線(ちゅうおうせん)とか、みんながふだん()っている電車(でんしゃ)たちにも、それぞれ歴史(れきし)があるんだよ。
(なん)だか(たの)しい、はじまりはじまりの(ころ)(はなし)

中央線(ちゅうおうせん)のたんじょう(甲武(こうぶ)鉄道(てつどう)
 明治(めいじ)16(ねん)東京(とうきょう)から羽村(はむら)(とお)って青梅(おうめ)まで、馬車(ばしゃ)鉄道(てつどう)をつくろうという計画(けいかく)がもちあがりました。青梅(おうめ)地方(ちほう)石灰石(せっかいせき)(はこ)ぶためです。明治(めいじ)17(ねん)にその許可(きょか)(ねが)()ましたが、そのころ馬車(ばしゃ)鉄道(てつどう)にかわり、汽車(きしゃ)鉄道(てつどう)計画(けいかく)があちこちでおこりだしました。そこで、明治(めいじ)19(ねん)汽車(きしゃ)鉄道(てつどう)として、もう1度(いちど)(ねが)いを()し、明治(めいじ)22(ねん)(ゆる)しがでました。
 明治(めいじ)22(ねん)3(がつ)には立川(たちかわ)新宿(しんじゅく)(かん)線路(せんろ)完成(かんせい)し、汽車(きしゃ)(はし)りはじめました。その(とき)甲武(こうぶ)(せん)使(つか)われた蒸気(じょうき)機関車(きかんしゃ)はイギリス(せい)で、時速(じそく)は40KM(キロメートル)ぐらい。はじめは単線(たんせん)1本(いっぽん)しか線路(せんろ)がない!)で、新宿(しんじゅく)立川(たちかわ)(あいだ)には「中野(なかの)」「荻窪(おぎくぼ)」「(さかい)」「国分寺(こくぶんじ)」の4つの(えき)しかありませんでした。
 そして明治(めいじ)39(ねん)鉄道(てつどう)国有法(こくゆうほう)により、甲武(こうぶ)鉄道(てつどう)国鉄(こくてつ)(いま)JR(じぇいあーる))にひきつがれました。
なじみぶかいでんしゃです


西武(せいぶ)国分寺(こくぶんじ)(せん)のたんじょう(川越(かわごえ)鉄道(てつどう)

 明治(めいじ)25(ねん)8(がつ)川越(かわごえ)鉄道(てつどう)会社(がいしゃ)はつくられました。所沢(ところざわ)狭山(さやま)地元(じもと)有力者(ゆうりょくしゃ)甲武(こうぶ)鉄道(てつどう)資本家(しほんか)事業(じぎょう)必要(ひつよう)なお(かね)()(ひと))たちが設立(せつりつ)したのです。そして「川越(かわごえ)」「入間(いるま)」「所沢(ところざわ)」「国分寺(こくぶんじ)」の(あいだ)鉄道(てつどう)()くことを計画(けいかく)しました。
 明治(めいじ)27(ねん)12(がつ)、まず国分寺(こくぶんじ)(ひがし)村山(むらやま)(かん)7.8KM(キロメートル)のきょりを汽車(きしゃ)(はし)りはじめ、よく(とし)には川越(かわごえ)まで全線(ぜんせん)(つう)じました。小平(こだいら)には小川(おがわ)(えき)がおかれました。
 これが西武鉄道(せいぶてつどう)では一番(いちばん)(ふる)路線(ろせん)です。
 そのころは蒸気(じょうき)機関車(きかんしゃ)客車(きゃくしゃ)(ひと)がのる)1両(いちりょう)貨車(かしゃ)荷物(にもつ)がのる)10(じゅう)数両(すうりょう)ついて、1日(いちにち)に6往復(おうふく)ほどしたとか。
 川越(かわごえ)絹織物(きぬおりもの)綿織物(めんおりもの)(あつ)まる場所(ばしょ)でしたし、所沢(ところざわ)鎌倉(かまくら)街道(かいどう)宿場(しゅくば)で、交通(こうつう)の「かなめ」(大事(だいじ)なところ)でしたし、絹織物(きぬおりもの)市場町(いちばまち)でもありました。
 川越(かわごえ)鉄道(てつどう)はこうした産物(さんぶつ)東京(とうきょう)(はこ)ぶためにつくられたのでしょう。
 川越(かわごえ)鉄道(てつどう)はその仕事(しごと)甲武(こうぶ)鉄道(てつどう)にまかせていたのですが、明治(めいじ)39(ねん)甲武(こうぶ)鉄道(てつどう)国有(こくゆう)になったので、自分(じぶん)でおこなうようになりました。その()何回(なんかい)合併(がっぺい)会社(かいしゃ)どうしが()()んで1(ひと)つになること)をくりかえし、大正(たいしょう)11(ねん)6(がつ)1日(ついたち)帝国電灯(ていこくでんとう)という会社(かいしゃ)合併(がっぺい)されました。帝国電灯(ていこくでんとう)鉄道(てつどう)部門(ぶもん)独立(どくりつ)させて、武蔵(むさし)鉄道(てつどう)という鉄道(てつどう)会社(がいしゃ)をつくりました。そして、その(とし)の8(がつ)15(にち)武蔵(むさし)鉄道(てつどう)西武鉄道(せいぶてつどう)という()まえにあらためたのです。

JR(じぇいあーる)武蔵野(むさしの)(せん)
 昭和(しょうわ)48(ねん)4(がつ)1日(ついたち)たんじょう! この(なか)では(あたら)しい。
 小平(こだいら)(とお)っているJR(じぇいあーる)はこれ! 青梅(おうめ)街道(かいどう)沿()いに(しん)小平(こだいら)という(えき)があります。府中本町(ふちゅうほんまち)から浦和(うらわ)埼玉県(さいたまけん))を(とお)って、西船橋(にしふなばし)千葉県(ちばけん))までぐるっとまわる、すぐれもの。

西武(せいぶ)池袋線(いけぶくろせん)のたんじょう(武蔵野(むさしの)鉄道(てつどう)
 大正(たいしょう)4(ねん)武蔵野(むさしの)鉄道(てつどう)池袋(いけぶくろ)飯能(はんのう)(かん)43.8KM(キロメートル)鉄道(てつどう)()いたのがはじまりです。最初(さいしょ)のころは、この路線(ろせん)蒸気(じょうき)機関車(きかんしゃ)(はし)っていましたが、その()、どの鉄道(てつどう)会社(がいしゃ)より(はや)電車(でんしゃ)運転(うんてん)(はじ)めました。
 昭和(しょうわ)2(ねん)には豊島(としま)(いま)豊島(としま)(えん))まで開通(かいつう)し、昭和(しょうわ)4(ねん)には西所沢(にしところざわ)村山(むらやま)公園(こうえん)(いま)西武(せいぶ)球場前(きゅうじょうまえ))も開通(かいつう)しました。((いま)豊島(としま)(せん)狭山線(さやません)とよばれる路線(ろせん)です。)
 昭和(しょうわ)2(ねん)村山線(むらやません)をおこした西武鉄道(せいぶてつどう)とはライバル同士(どうし)だったのですが(よい競争(きょうそう)相手(あいて)だったのだ!)、昭和(しょうわ)20(ねん)にこの2(ふた)つの会社(かいしゃ)合併(がっぺい)し、この路線(ろせん)西武(せいぶ)池袋線(いけぶくろせん)となったのです。

馬車鉄道これが「馬車(ばしゃ)鉄道(てつどう)」。馬車(ばしゃ)線路(せんろ)(うえ)(はし)って、お(きゃく)荷物(にもつ)をはこんだ。明治(めいじ)15(ねん)(1882(ねん))、東京(とうきょう)(はし)りだし、20(ねん)くらいつづいていたらしい。
都史(とし)紀要(きよう)33「東京(とうきょう)馬車(ばしゃ)鉄道(てつどう)」より

JR(じぇいあーる)歴史(れきし)
明治(めいじ)39(ねん)(1906)3(がつ)31(にち) “鉄道(てつどう)国有法(こくゆうほう)公布(こうふ)公布(こうふ)とは、みんなに発表(はっぴょう)されること)
 甲武(こうぶ)総武(そうぶ)など17(しゃ)私鉄(してつ)()いとられ、1908(ねん)鉄道(てつどう)(いん)(かん)かつとなる。
 だから!このころは、(いま)中央線(ちゅうおうせん)山手(やまのて)(せん)などは、院電(いんでん)とよばれていたのだ。
大正(たいしょう)9(ねん)5(がつ) 鉄道(てつどう)(いん)鉄道(てつどう)(しょう)という()まえにかわる。
 院電(いんでん)省線(しょうせん)電車(でんしゃ)、つまり省電(しょうでん)とよばれるようになった。
昭和(しょうわ)24(ねん)6(がつ)1日(ついたち) “日本(にっぽん)国有(こくゆう)鉄道(てつどう)法”施行(しこう)施行(しこう)とはその法律(ほうりつ)がはたらきだすこと)
 鉄道(てつどう)(しょう)日本(にっぽん)国有(こくゆう)鉄道(てつどう)とよばれる公共(こうきょう)企業体(きぎょうたい)(というのは政府(せいふ)などがお(かね)()して経営(けいえい)する企業(きぎょう)のこと)となる。
 省電(しょうでん)国電(こくでん)とよばれるようになったのはこのころから。
 (「平凡社(へいぼんしゃ)大百科(だいひゃっか)事典(じてん)参考(さんこう)
そして、昭和(しょうわ)63(ねん)(1987)4(がつ)1日(ついたち)JR(じぇいあーる)として()まれかわった!

西武(せいぶ)多摩湖線(たまこせん)のたんじょう(多摩湖(たまこ)鉄道(てつどう)
 この路線(ろせん)箱根土地会社(はこねとちがいしゃ)がつくったものです。そのころ建設中(けんせつちゅう)だった村山貯水池(むらやまちょすいち)がいずれたくさんの観光客(かんこうきゃく)をよぶだろうというみこみと、小平(こだいら)国立(くにたち)大泉(おおいずみ)中心(ちゅうしん)にすすめられていた学園(がくえん)都市(とし)計画(けいかく)で、交通(こうつう)便(べん)をよくしなければならなかったからです。
 箱根土地会社(はこねとちがいしゃ)は「多摩湖(たまこ)鉄道(てつどう)」という()鉄道(てつどう)会社(かいしゃ)をつくり、昭和(しょうわ)3(ねん)4(がつ)国分寺(こくぶんじ)萩山(はぎやま)(かん)開通(かいつう)させたのをはじまりに、昭和(しょうわ)11(ねん)12(がつ)には村山貯水池(むらやまちょすいち)(した)まで線路(せんろ)をのばして全線(ぜんせん)開通(かいつう)。さらに(いま)終点駅(しゅうてんえき)西武(せいぶ)遊園地(ゆうえんち)」のところまで線路(せんろ)はのびました。この「西武(せいぶ)遊園地(ゆうえんち)(えき)昭和(しょうわ)54(ねん)3(がつ)24日までは「多摩湖(たまこ)(えき)」という()まえだったのです。
 はじめの(ころ)は、この路線(ろせん)国産(こくさん)(だい)1(ごう)のガソリンカーが1日(いちにち)1時間(じかん)おきに10往復(おうふく)昭和(しょうわ)5(ねん)からは電車(でんしゃ)になりました。が、ドアは()(うご)かす方式(ほうしき)で、速度(そくど)(ひと)(はし)るのと(おな)じくらいだったとか。
 昭和(しょうわ)15(ねん)3(がつ)多摩湖(たまこ)鉄道(てつどう)武蔵野(むさしの)鉄道(てつどう)(いま)西武(せいぶ)池袋線(いけぶくろせん))に合併(がっぺい)。さらに昭和(しょうわ)20(ねん)9(がつ)22(にち)には西武鉄道(せいぶてつどう)との合併(がっぺい)により、西武(せいぶ)農業(のうぎょう)鉄道(てつどう)株式会社(かぶしきがいしゃ)となり、昭和(しょうわ)21(ねん)にはふたたび西武鉄道(せいぶてつどう)株式会社(かぶしきがいしゃ)()まえをかえて、今日(こんにち)にいたっています。

 むかし、多摩湖線(たまこせん)は「42人のり」とよばれていたよ。これは、“始終(しじゅう)2人のり”=つまり、いつも運転手(うんてんしゅ)(しゃ)しょうさん2人(ふたり)しかのっていないという意味(いみ)なんだ。
 ついでに、(おな)じころ国分寺(こくぶんじ)から喜平橋(きへいばし)(とお)って立川(たちかわ)まで(はし)っていたバスは「シジュウカラ」というあだ()だった。(とり)のシジュウカラと「始終(しじゅう)(から)っぽ」(お(きゃく)がいなくて…)をかけてある。
おもしろいだろー?

西武(せいぶ)新宿線(しんじゅくせん)のたんじょう(西武鉄道(せいぶてつどう)村山線(むらやません)
 大正(たいしょう)11(ねん)武蔵(むさし)鉄道(てつどう)会社(がいしゃ)西武鉄道(せいぶてつどう)株式会社(かぶしきがいしゃ)()まえをかえました。大正(たいしょう)12(ねん)には関東大震災(かんとうだいしんさい)があって、それ以後(いご)東京(とうきょう)(ひと)たちは次々(つぎつぎ)郊外(こうがい)()()してきました。あわせて交通(こうつう)手段(しゅだん)必要(ひつよう)になり、その(なか)で、昭和(しょうわ)2(ねん)西武鉄道(せいぶてつどう)村山線(むらやません)()きました。まず、高田馬場(たかだのばば)(ひがし)村山(むらやま)(かん)開通(かいつう)小平(こだいら)にも小平(こだいら)(えき)花小金井(はなこがねい)(えき)がおかれました。昭和(しょうわ)5(ねん)には(ひがし)村山(むらやま)村山貯水池(むらやまちょすいち)(まえ)(いま)の「西武(せいぶ)(えん)(えき))までの西武(せいぶ)(えん)(せん)開通(かいつう)しました。
 その()西武鉄道(せいぶてつどう)は、武蔵野(むさしの)鉄道(てつどう)合併(がっぺい)されました。それより(まえ)昭和(しょうわ)15(ねん)に、武蔵野(むさしの)鉄道(てつどう)多摩湖(たまこ)鉄道(てつどう)合併(がっぺい)していましたから、昭和(しょうわ)20(ねん)のこの合併(がっぺい)で、西武鉄道(せいぶてつどう)武蔵野(むさしの)鉄道(てつどう)多摩湖(たまこ)鉄道(てつどう)(ひと)つになったわけです。その(とき)西武(せいぶ)農業(のうぎょう)鉄道(てつどう)株式会社(かぶしきがいしゃ)」とかえられた()まえは、よく年昭和(しょうわ)21(ねん)にふたたび「西武鉄道(せいぶてつどう)株式会社(かぶしきがいしゃ)」という()になりました。西武(せいぶ)新宿(しんじゅく)高田馬場(たかだのばば)開通(かいつう)したのは昭和(しょうわ)27(ねん)のこと。
これで西武鉄道のもとに1つにまとまったのじゃ

学園(がくえん)(まち)
 大正(たいしょう)12(ねん)関東大震災(かんとうだいしんさい)をさかいに東京(とうきょう)(ひと)たちの(あいだ)郊外(こうがい)()むことが(おお)はやりとなりました。箱根土地会社(はこねとちがいしゃ)は、ドイツの学園(がくえん)都市(とし)にならって、東京(とうきょう)郊外(こうがい)にも学園(がくえん)都市(とし)をつくる計画(けいかく)をたてました。そこで(えら)ばれたのが、小平(こだいら)(むら)谷保(やほ)(むら)(いま)国立市(くにたちし))、大泉(おおいずみ)(むら)(いま)練馬区(ねりまく)大泉(おおいずみ))の3ヵ(しょ)です。
 小平(こだいら)には明治(めいじ)大学(だいがく)が10万坪(まんつぼ)(たたみが20万枚(まんまい)()ける(ひろ)さ!!)の土地(とち)()って神田(かんだ)から()()してくることに……。ところが時代(じだい)第1次(だいいちじ)大戦(たいせん)のまっただ(なか)分譲地(ぶんじょうち)(おも)うように()れない! 明治(めいじ)大学(だいがく)資金(しきん)があつまらず、()()しをあきらめてしまいました。こまってしまった箱根土地会社(はこねとちがいしゃ)東京(とうきょう)商科(しょうか)大学(だいがく)(いま)一橋(ひとつばし)大学(だいがく))にはたらきかけました。石神井(しゃくじい)にあった商科(しょうか)大学(だいがく)予科(よか)がその土地(とち)(こう)かんという条件(じょうけん)昭和(しょうわ)8(ねん)9(がつ)()()してきました。
 これが一橋(ひとつばし)大学(だいがく)小平(こだいら)分校(ぶんこう)で、学校(がっこう)ができると周辺(しゅうへん)分譲地(ぶんじょうち)もしだいに()れていったということです。

西武鉄道路線図
イラストをクリックするとおおきくなります