位置情報

  1. 現在地
  2. ホーム
  3. 地域資料
  4. 小平事始め年表
  • 蔵書検索
  • 新着案内
  • 予約ランキング
  • 図書館利用分担収集
  • 図書アラカルト
  • 雑誌目録
  • 新聞目録
  • 図書館カレンダー
  •  利用者メニュー
  •  各館案内
  • 中央図書館
  • 仲町図書館
  • 花小金井図書館
  • 小川西町図書館
  • 喜平図書館
  • 上宿図書館
  • 津田図書館
  • 大沼図書館
  • 花小金井北分室
  • 小川分室
  • 上水南分室

地域資料

小平事始め年表

  「小平事始め年表・索引(稿) 」小平市中央図書館編(1991年)は、小平で「どのような事がいつ始まったのか」または 「どのような事件および事故がいつ起こったのか」といった、起源に関する事項を年表にまとめたもので、 小平市郷土資料索引の一環として,小平に関する様々な事物の起源や事件および事象を拾い出して索引を 作成する過程で歴史的な流れや関連を把握する目的で作成されました。
  今回図書館ホームページへの公開にあたり、冊子版をもとに時代を年代ごとに区切り、 典拠文献のところには資料の所蔵状況が分かるように編集しました。ぜひ、ご覧ください。

凡例

1.本年表は、小平で「どのような事がいつ始まったのか」または 「どのような事件および事故がいつ起こったのか」といった、起源 に関する「小平事始め年表」である。
2.記載事項は、年代ごとに月日、事柄、典拠文献名の順とした。
3.排列は、年代のもとを月順に排列た。 月の中は日付順に排列し、日付不明のものは、その月の最後に排列した。
  なお、月不明のものは、「この年」として年代の最後に列記した。
4.年代・月日の記載形式
  年代・月日の表記は西洋紀年・陽暦を用いたが、明治5年までは日本の年号・陰暦を用いた。陰暦の閏月は月の数字を□で囲った。
  年代の見出しは、西洋紀年で表記し、その後に日本の年号を記した。
  陰暦の初春・仲春・晩春などの月名異称は、それぞれの月に換算して表記した。
5.内容の記載形式
  内容は、基本的に出典の年表から採用した場合は出典にある通りの表現とし、本文中から採用した場合は適宜要約して表現した。
  なお、人名の敬称は省略した。
6.出典の記載形式
  出典は、各事柄の後に明示し、典拠文献名と出典巻(号)数およびページを記載した。

小平事始め年表

  1. 534年~鎌倉時代
  2. 室町時代~安土桃山時代
  3. 江戸時代 前期
  4. 江戸時代 後期
  5. 明治時代
  6.    
  7. 大正時代
  8.    
  9. 昭和時代 昭和元年~19年
  10. 昭和時代 昭和20年~29年
  11. 昭和時代 昭和30年~39年
  12. 昭和時代 昭和40年~44年
  13.    
  14. 昭和時代 昭和45年~49年
  15. 昭和時代 昭和50年~54年
  16. 昭和時代 昭和55年~63年
  17.    
  18. 平成